Record China

ヘッドライン:

錦織圭と大坂なおみが快挙!日本テニスの躍進のカギはここにあった―中国メディア

配信日時:2018年9月7日(金) 17時10分
拡大
テニスグランドスラムの1つである全米オープンで日本の男子シングルス・錦織圭と女子シングルス・大坂なおみが快進撃を見せている。資料写真。

2018年9月6日、中国メディア・騰訊(テンセント)によると、テニスグランドスラムの1つである全米オープンで日本の男子シングルス・錦織圭と女子シングルス・大坂なおみが快進撃を見せている。

日本から女子シングルスでセミファイナリストが出るのは1996年の伊達公子以来の22年ぶりで、男女そろって4強入りするのは史上初。

日本テニス協会は松岡修造の世界ランキング46位を上回る選手の育成を目的とする「プロジェクト45」を実施。その結晶こそが錦織圭で、14歳から渡米して研さんを重ねてきた。

一方の大坂なおみは、父親がハイチ系米国人で、母親が日本人。3歳からテニスを始め、米国に移住。子どもの頃から米国で研さんを重ねてきた点が錦織と共通する。

記事は「海外での経験が両選手の成長の大きなカギだ」と指摘。海外経験は選手としての成長だけでなく、トレーニング環境や優れたコーチング体制、適切な教育環境、専門のマネジメント会社もあり、ツアー参加にも有利だとしている。(翻訳・編集/岡田)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

テニス全米オープン、錦織圭と大坂なおみがそろってベスト4=中国ネット「本当にすごい」「深い嫉妬を覚えてしまう」

6日、テニス全米オープンの男女準々決勝が行われ、男子では錦織圭が、女子では大坂なおみがそれぞれ勝利し、日本選手がそろって準決勝に進出した。この快挙を中国版ツイッターの複数のアカウントが伝えており、多くのユーザーが関心を寄せた。

Record China
2018年9月6日 11時40分
続きを読む

ランキング