台湾テレビ局キャスターの「旅行して日本を救おう」発言に、ネットユーザーかみつく―中国メディア

Record China    2018年9月8日(土) 8時0分

拡大

6日、環球網は、台風に続いて大地震の被害を受けた日本に対し、台湾のテレビ局女性キャスターが「日本へ旅行して支援しよう」とSNS上に書き込んだところ、一部ネットユーザーから批判を浴びたと報じた。

2018年9月6日、環球網は、台風に続いて大地震の被害を受けた日本に対し、台湾のテレビ局女性キャスターが「日本へ旅行して支援しよう」とSNS上に書き込んだところ、一部ネットユーザーから批判を浴びたと報じた。

台湾のテレビ局・三立電視台の女性キャスター・林楚茵(リン・チューイン)さんは6日、フェイスブック上で北海道の地震を伝える日本のニュース画像とともに「東京は大雨で冠水し、関西は台風で空港が壊れ、北海道は地震で火力発電所が止まって200万戸余りが停電した。もし台湾だったら、総統府はすでに泡を吹いていることだろう」と書き込んだ。

さらに「日本に天の加護がありますように」「安倍さんが日本の総理でよかった」「日本を救うために旅行の準備をしよう」というハッシュタグを文末に付している。

環球網はこれに対して「旅行をして日本を救おうという言葉に、台湾島内のネットユーザーから罵声が出るとともに、『メディア関係者でありながらこのような発言はふさわしいのか』『台湾南部で水害が発生したのに、どうして台南を救うために旅行しないのか』などの疑問の声が寄せられている」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携