板挟みの米国=尖閣・竹島問題で日中韓が対米外交を積極化―台湾メディア

配信日時:2012年8月30日(木) 7時31分
板挟みの米国=尖閣・竹島問題で日中韓が対米外交を積極化―台湾メディア
画像ID  344247
28日、台湾・中国広播網は記事「日中韓の領土紛争、サンドイッチになった米国」を掲載した。領土紛争については中立を表明している米国だが、日中韓3国の働きかけもあり、尖閣問題、竹島問題に巻き込まれつつあるという。資料写真。
2012年8月28日、台湾・中国広播網は記事「日中韓の領土紛争、サンドイッチになった米国」を掲載した。

その他の写真

尖閣問題、竹島問題と領土紛争が過熱する東アジア。米国は領土紛争には介入しないと表明しているが、日本は米国の支持をとりつけようと積極的な外交を展開しており、米国は板挟みになっている。

韓国紙・朝鮮日報は米国が北東アジアの領土問題に巻き込まれつつあると報じた。日本は外務省アジア大洋州局の吉村晋輔局長が訪米するなど米国に支援を要請している。一方、中国は米国が介入しないよう牽制している。韓国も李明博大統領の竹島訪問後、在韓国米国大使館に上陸の背景について説明した。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事