韓国メディアがうっかり?「日本海」と呼んで批判浴びる

Record China    2018年9月7日(金) 7時50分

拡大

4日、韓国で最も伝統のある日刊紙の1つである「東亜日報」が、記事中で韓国の主張する「東海」ではなく「日本海」との呼称を使用し、物議を醸している。写真は大阪の台風被害。

2018年9月4日、韓国で最も伝統のある日刊紙の1つである「東亜日報」が、記事中で韓国の主張する「東海」ではなく「日本海」との呼称を使用し、物議を醸している。

韓国・インサイトなどによると、東亜日報は4日、日本列島を襲った台風21号の位置や進路、強度などについて伝える記事を掲載した。ところが、日本気象庁の予報を引用する際に修正を加えず、「日本海」表記をそのまま使用。記事には「台風は速度を速め、4日夜には強い勢力を保ったまま日本海に移動」と書かれていたという。

同記事はすぐに韓国のネット上で拡散し、ネットユーザーからは「信じられない」「親日派をカミングアウト?」「謝罪も釈明もしないの?」「ただのミスとは思えない。うっかり本音が出てしまったのでは?」「日本人が日本海と言っても批判されるのに、よりによって国を代表するメディアが…」「今後は日本でニュースを伝えたら?」など厳しい批判の声が相次いでいる。

これを受け、東亜日報は「東海」に修正していたが、現在は記事自体が削除されている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携