Record China

ヘッドライン:

小学校も卒業していないのに11カ国語を操るスーパーおばあちゃん 桂林

配信日時:2018年9月7日(金) 11時40分

広西壮(チワン)族自治区桂林市の美しい景観で知られる陽朔県で、11カ国語を話すことのできる徐秀珍さん(74)が最近ネットで話題を集めている。徐さんはこの地で21年間もの間、外国人観光客相手にガイドをしており、人々から親しみをこめて「ママ・ムーン(月亮ママ)」と呼ばれている。徐さんは小学校に3年生までしか通っていないものの、フランス語やドイツ語などなんと11カ国語を駆使して、外国人観光客たちとちょっとしたやり取りができる上、現地の観光名所である月亮山にまつわる物語を英語で紹介することもできるのだという。(編集TK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング