「日本に残りたい」が7割、福岡に留学の外国人学生は大絶賛―華字紙

配信日時:2018年9月8日(土) 13時0分
「日本に残りたい」が7割、福岡に留学の外国人学生は大絶賛
画像ID  1022244
5日、日本新華僑報は、福岡市が行った調査で、約9割の外国人留学生が福岡での生活に満足していることが分かったと伝えた。写真は福岡市。
2018年9月5日、日本新華僑報は、福岡市が行った調査で、約9割の外国人留学生が福岡での生活に満足していることが分かったと伝えた。

この調査は、福岡市が1990年から実施しているもので、3~5年に1度行っている。今回の調査では、市内の22の大学や短期大学で学ぶ4802人の留学生に調査票を配布。941人から有効回答を得たという。回答者の出身国・地域は、中国が全体の48%を占め、次いでベトナムの8.7%、インドネシアの6.7%、韓国の5.2%、タイの3.8%などとなった。

福岡での生活の満足度については、56.2%の人が「満足」と回答。「だいたい満足」が34.5%で、合わせると90.8%の人が福岡での生活に満足しているという。これは前回の2014年の調査と比べて1.5ポイントの上昇となった。

留学先に福岡を選んだ理由については、「留学したい大学(学部・専攻)があったため」が最も多く68.4%、「生活がしやすそうと感じたため」が46.9%、「福岡に留学経験のある知人・友人に勧められたため」が23.1%、「福岡の留学生サポート体制が整っているため」が19.4%だった。

留学終了後に日本に残りたいかについては、7割以上の人が「日本に残って就職または創業」を希望しており、そのうち「福岡で就職したい」人が最も多く52.3%を占めた。その理由で最も多かったのが「福岡の生活は便利なため」だった。

このほか、福岡での留学生活で悩んでいることについては、「日本人学生との交流が少ない」が41.1%を占め、「言葉が通じない」が40.7%、「物価が高い」が40.5%、「住んでいる地域の住民との交流が少ない」が24.7%、「奨学金がもらえない」が16.9%だった。

現在、九州大学の博士課程で学んでいる張(ジャン)さんは、「福岡市は交通が便利で、よく緑化されており、生活環境が快適で、東京と比べて人情味があり、大阪のような活力があるが大阪のような騒がしさはない」と感じているという。また、「治安もよくて道に物が落ちていても誰も拾って自分のものにせず、夜に戸締りしなくて大丈夫なところで、しかも外国人留学生にとても親切だ」と感想を述べている。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事