Record China

ヘッドライン:

<レコチャ広場>丹羽大使が襲われた原因とは―中国

配信日時:2012年8月28日(火) 19時1分
拡大
27日、中国人ブロガー、陳杰人氏が「日本の大使が襲われた原因」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。写真は丹羽大使。
(1/7枚)

2012年8月27日、中国人ブロガー、陳杰人(チェン・ジエレン)氏が「日本の大使が襲われた原因」と題した記事を中国のブログサイト・網易博客に掲載した。以下はその内容。

その他の写真

北京時間8月27日午後4時ごろ、丹羽宇一郎・駐中国大使を乗せた公用車が北京の環状道路を走行中、中国籍の男に行く手を阻まれ、車に立ててあった日の丸が奪われるという事件が発生した。大使にケガはなかったが、ウィーン条約違反を犯した罪は重い。これが釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題によるものなら、日本支持派の国や関係者の日本への同情をますます深めることになる。

日本の右翼活動家たちがどんな報復行動に出てくるかも分からない。日本駐在の中国人外交官たちの身に危険が及ぶかもしれない。それに、なんといっても中国のイメージがひどく傷つけられてしまった。今後の外交関係が面倒になることは免れない。これは「愛国」を掲げながら、実は国に多大な迷惑をかけるだけという「愛国賊」のやることだ。

この「愛国」男性も含めた大多数の中国人は、日本と一戦を交えるべきではないことは分かっている。それなのに、なぜこんな理性を失った行動に出てしまうのか?なぜ、ネット上では彼のしたことが称賛されるのだろうか?それは、中国人が「抗議」の仕方を知らないからだと思う。異なる意見や考えを落ち着いて相手に伝えるという訓練ができていない。

中国人は服従させられることに慣れきっている。近代文明社会では市民が自由に異議を唱えてよいし、服従しなくてもよい。だが、中国ではこうした自由や権利は学者だけに与えられたもので、一般市民とは無縁のものだと考えられている。政府や上司に言いたいことがあっても発言する機会はなく、我慢の限界を超えた一部の市民がある日突然、過激な行動に出てしまう。

中国人が日頃から理性的な抗議の仕方を学んでいれば、日の丸を奪った「愛国」男性も日本大使館に抗議文を送ったり、国際条約に違反しない行動に出ていたりしただろう。中国政府は理性的な国民を育てなければならない。だが、それを達成するまでにはまだ多くの課題がありそうだ。(翻訳・編集/NN)

関連記事

大使公用車から日の丸奪った男に「無知な愛国主義者」「全国民の意向ではない」と非難―中国版ツイッター

27日夕方、北京市内で、丹羽宇一郎駐中国大使の乗った公用車が進行方向をふさがれ、中国人とみられる男が車両に取り付けた日の丸を奪った。事件に関する一般からの声を、“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトから拾った。

Record China
2012年8月28日 12時10分
続きを読む

<レコチャ広場>日本製品ボイコットの中国人に告ぐ!日本では韓国車を見かけない、これが真実だ―中国

18日、中国のジャーナリスト、王錦思氏は「真相―日本では韓国車を見かけない」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。多くの中国人が韓国には日本車は全く走っていないと考えているが、実際はその逆だと指摘した。写真は韓国国内で見かけた日本車。

Record China
2012年8月20日 14時8分
続きを読む

ランキング