中国外交部、「慰安婦像を蹴った」日本人にある言葉を使って反省促す―中国紙

配信日時:2018年9月11日(火) 22時10分
中国外交部、「慰安婦像を蹴った」日本人にある言葉で反省促す
画像ID  1022054
11日、台湾台南市に設置された慰安婦像を日本人が蹴ったとされる問題について、中国外交部の報道官は「日本側がアジアの隣国と国際社会の関心を正視し、責任ある態度で問題を適切に処理することを希望する」と述べた。写真は台南の慰安婦像。
2018年9月11日、「慰安婦の真実国民運動」幹事の藤井実彦氏が台南市に設置された慰安婦像を蹴ったとされる問題について、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は「日本側がアジアの隣国と国際社会の関心を正視し、責任ある態度で問題を適切に処理することを希望する」と述べた。環球時報が伝えた。

記事によると、この日の定例記者会見に臨んだ耿報道官は「慰安婦強制は日本軍国主義が多くの被害国の人々に犯した重大な反人道的犯罪であり、これは国際社会が認める歴史事実」と指摘した上で、日本側の適切な処理に言及。また、「個別の日本右翼分子に注意喚起する」として、中国に「他人を侮辱した人間は他人から侮辱される」との言葉があることを示し、藤井氏に自省、自重を促した。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/09/11 22:34)

    >中国に「他人を侮辱した人間は他人から侮辱される」との言葉があることを示し、藤井氏に自省、自重を促した 蹴った人間に反省を求めればいい。この問題に日本政府を巻き込んで『総理が謝罪せよ』と言うのは筋違いである。また『日本政府が処罰を下せ』と要求するのも的外れだ。不満があるなら自分で解決すればいい。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事