日本人の慰安婦像への一蹴り、台湾独立派の夢砕く―米華字メディア

配信日時:2018年9月12日(水) 7時50分
日本人の慰安婦像への一蹴り、台湾独立派の夢砕く―米華字メディア
画像ID  1022053
10日、米華字メディア・多維新聞に、「日本人の慰安婦像への一蹴りが台湾独立派の夢を砕く」と題する文章が掲載された。写真は台南の慰安婦像。
2018年9月10日、米華字メディア・多維新聞に、「日本人の慰安婦像への一蹴りが台湾独立派の夢を砕く」と題する文章が掲載された。以下はその概要。

日本の「慰安婦の真実国民運動」が派遣した藤井実彦氏が国民党台南市党部横に先月設置された慰安婦像に蹴りを入れる姿が監視カメラに捉えられた。この像は台湾初の慰安婦像で、除幕式には馬英九(マー・インジウ)前総統も出席。国民党は「歴史を忘れてはならない。過去の戦争は多くの苦しみの記憶を残している。そして、未来の平和の基礎を固めるものだ」と指摘した。

一方、日本政府は像の設置に遺憾の意を示し、日本の駐台代表は国民党主席のもとを訪れて「適切な処理」、つまり撤去を求めた。日本人は依然、歴史の正視を避けたがっているのだ。

ある独立派はかつて「慰安婦は自発的」と発言し、学習指導要領に「強いられて」の文字を入れることに反対した。こうした歴史解釈は日本による植民の歴史の享受と同様、一部独立派の精神の主体となっている。しかし、台湾人が弾圧された歴史を明るみに出すことは精神上、植民の正当性を破壊することにつながるのだ。このため、多くの人は知らないふりをし始める。

歴史の真相は時に故意に隠され、慰安婦の歴史や南京大虐殺をねつ造と言う台湾人もいる。彼らにとって台日関係は長所のおかげで欠点を見過ごすことができる関係、夫婦のようなものなのだ。しかし、蹴りを入れるという行為はまさか家庭内暴力ではあるまい。以前、八田與一像が破壊された際、八田氏の家族と日本側への説明文書を台南市長が自ら記したが、今回、日本人が台湾人の心を傷付け、「夫婦関係」が破壊されたことはどう処理されるべきなのだろう。

戦後70年余りたつが、日本人による屈辱、歴史観の是非の転倒に直面した台湾には依然、解放が必要だ。もしこれが誤っているのであれば、植民者の凶暴ぶりに「まだ満足していません。続けてください」とでも言うのだろうか。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事