日本人が慰安婦像に蹴り、民進党からも問題視する声―台湾メディア

配信日時:2018年9月11日(火) 12時0分
日本人が慰安婦像に蹴り、民進党からも問題視する声―台湾
画像ID  1022051
10日、台湾・工商時報によると、台湾の国民党台南市党部横に設置された慰安婦像に日本人が蹴りを入れたと報じられた問題について、台湾民進党の黄偉哲氏が国民党議員の抗議活動を支持する考えを示した。写真は台南の慰安婦像。
2018年9月10日、台湾・工商時報によると、台湾の国民党台南市党部横に設置された慰安婦像に日本人が蹴りを入れたと報じられた問題について、台南市長選候補者で台湾民進党の黄偉哲(ホワン・ウェイジャー)氏が国民党議員の抗議活動を支持する考えを示した。

像に蹴りを入れたとして反発を引き起こしたのは、日本の複数の保守系民間団体で作る「慰安婦の真実国民運動」幹事の藤井実彦(みつひこ)氏。国民党の謝龍介(シエ・ロンジエ)台南市議は10日、台南市慰安婦人権平等促進協会関係者らとともに日本台湾交流協会を訪れ、抗議を行った。

記事によると、黄氏は2010年、慰安婦問題に対する謝罪を日本に求める案を提出するなどした人物で、今回の騒動について「われわれは揺るぎない立場を示すべき。台日関係が友好的であったとしても是非を混交してはならない」と指摘。「あのような日本人を受け入れることはできない。謝罪が必要だ」とも述べ、謝氏の抗議活動は正しいとの認識を示した。

黄氏は像設置に関しても支持する立場を取っており、韓国の日本大使館前の慰安婦像を例に挙げて「これは韓国人の発想だが、私は精神的に賛同している」と述べたという。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事