日本人が慰安婦像に蹴り、台北市長の見解は…―台湾メディア

配信日時:2018年9月11日(火) 17時10分
日本人が慰安婦像に蹴り、台北市長の見解は…―台湾メディア
画像ID  1022050
10日、台湾・聯合報は、台南市の国民党支部付近に設置された慰安婦像を日本人の活動家が蹴ったとされる問題について、柯文哲・台北市長が市議会内で見解を示したことを報じた。写真は台南慰安婦像。
2018年9月10日、台湾・聯合報は、台南市の国民党支部付近に設置された慰安婦像を日本人の活動家が蹴ったとされる問題について、柯文哲(カーウエンジャー)台北市長が市議会内で見解を示したことを報じた。

記事は「台南市慰安婦人権平等促進会が国民党台南支部付近に慰安婦像を設置したが、日本の民間団体・慰安婦の真実国民運動のメンバーである藤井実彦氏が慰安婦像を蹴っていたことが見つかり、物議を醸した」と紹介した。

そのうえで、柯市長が10日の台北市議会に出席した際、国民党の台北市議からこの件について質問を受け、「自由とは、他人の自由を侵さない範囲で許されるもの。日本人の行為は誤っている」との認識を示すとともに、「ここに置かれているものは、あなたには関係ない。蹴ってどうするつもりなのか」と語ったと伝えている。

また、国民党議員から「台北市政府には慰安婦像を設置しないのか」との質問を受けると、柯市長は「政府としては設置しない。民間団体がやるというのなら、それは駄目とは言わない」と回答。さらに追及を受けると「必要ないと思う。ここに建ててどうするのか。市としては、民間に対してあれやれこれやれと口出しすることもできない」と答弁したという。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事