韓国ネットも興奮、日本が3億円の卵を産む鶏作る「またノーベル賞か」

配信日時:2018年9月7日(金) 1時20分
韓国ネットも興奮、日本が3億円の卵を産む鶏「またノーベル賞か」
画像ID  1021973
5日、日本がゲノム編集で1個3億円の卵を産む鶏を作ったとのニュースが、韓国でも話題となっている。資料写真。
2018年9月5日、日本がゲノム編集で1個3億円の卵を産む鶏を作ったとのニュースが、韓国でも話題となっている。

韓国・聯合ニュースによると、産業技術総合研究所などの研究チームが「ゲノム編集」と呼ばれる遺伝子操作技術を利用して作った鶏は、がんや肝炎の治療薬に使われるたんぱく質を含む卵を産む鶏。この鶏が産んだ卵1個には「ヒトインターフェロンβ(human interferonβ)」が30~60ミリグラム含まれており、市販価格に換算すると1個6000万円から3億円近くになるという。

大腸菌などを使う方法はすでに開発されているが、今回の方法を使えばより安価に大量生産ができるという。

これを受け、韓国のネット上では「すごくクリエイティブ」「災害にも強いし、科学でも優位を占めてるし…。日本がまたノーベル賞を取るに1票」「日本という国は憎いけど、研究を成功させてほしい。そして不治の病を患う患者に希望を与えられる奇跡をつくってくれることを祈る」など称賛の声が上がっている。また、韓国と日本と比較して「自分の成果のために『世界初の開発をしている』との記事をお金を払ってまで書かせる韓国。開発されて確実な検証が行われ、ようやく記事が出る日本。これが先進国と後進国の違い」「韓国は規制が多過ぎるから研究が不可能」とのコメントも寄せられている。

一方、あるユーザーからは「日本の科学界も詐欺が多いから、時間が経てば真実が分かることだろう」と研究結果に懐疑的な声も上がった。(翻訳・編集/松村)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事