極めて珍しい緑の顔の兵馬俑、陝西歴史博物館で公開―中国

配信日時:2018年9月7日(金) 14時20分
極めて珍しい緑の顔の兵馬俑、陝西歴史博物館で公開―中国
画像ID  1021963
陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と秦始皇帝陵博物院が運営する「帝国の強兵――陝西国宝シリーズ特別展・秦跪射俑」がこのほど、陝西歴史博物館国宝ホールで一般公開された。
陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と秦始皇帝陵博物院が運営する「帝国の強兵――陝西国宝シリーズ特別展・秦跪射俑」がこのほど、陝西歴史博物館国宝ホールで一般公開された。うち秦兵馬俑の中で唯一見つかった跪射俑「緑顔俑」の前で、多くの見学者が足を止めた。中国文化報が伝えた。

この「緑顔俑」は1999年に、秦始皇兵馬俑2号坑北東部の跪射俑軍陣の中から見つかった。髪、髭、瞳が黒であることを除き、顔のすべてが顔料で緑に塗られており、極めて珍しい。その発掘・出土は学界でセンセーショナルを巻き起こした。専門家と学者はこの緑の顔が形成された原因について、研究と検討を続けている。同特別展は貴重な「緑顔俑」を展示するほか、大量の展示パネル、マルチメディア、交流技術などの手段により、跪射俑及び秦代の彫刻芸術、軍事などの背景となる物語を深く掘り下げて解説する。見学者は近距離で兵馬俑の美しさと、秦文化の奥深さを感じることができる。

説明によると、跪射俑は秦弩兵の一種で、その出土は秦軍が冷兵器時代に弩兵という兵種を持っていた歴史的事実を十分に証明した。考古資料によると、秦俑は焼き上がった後に体全体に色が塗られる。2000年以上たった現在も、圧倒的多数の秦俑に色が塗られた痕跡を確認できる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事