Record China

ヘッドライン:

サムスンの協力会社職員がまた犠牲に、事故対応や安全管理に疑問の声も

配信日時:2018年9月6日(木) 7時20分
拡大
2018年9月5日、韓国・TV朝鮮によると、サムスン電子の器興工場で発生した二酸化炭素流出事故をめぐり、同社の対応が物議を醸している。

4日午後1時55分ごろ、器興工場地下1階の機械室で3人が倒れているのが発見された。消防設備の取り換え作業中に配管が破損したものとみられており、協力会社の職員1人が死亡、2人が病院に搬送され治療を受けている。

問題となっているのは、サムスンが事故発生から約2時間が過ぎた3時48分に消防当局と労働部に通報していたこと。消防当局関係者は「事故の知らせを聞いてサムスンに数回電話をかけたがつながらず、2時間後に通報を受けた」と述べたという。一方、サムスンは「自社消防隊と救助隊が対処したため問題ない」と説明したという。

また韓国・KBSによると、サムスンでは、協力会社の職員が犠牲となる事故が相次いで発生している。2014年3月と15年11月に同社事業場内で発生した化学物質事故の被害者も全員、協力会社の職員だった。そのため、一部からは「危険な作業は全て協力会社に担当させているのではないか」「安全管理に構造上の問題があるのではないか」と疑う声が上がっているという。

これについて、韓国のネット上では「サムスンは事故が起きても悪びれない。真っ先に犠牲者に謝罪するべきだし、すぐに通報しなかったことに対する調査を受けるべき」「安全を一番に考える文化が定着してほしい」など、サムスンの対応に不満の声が上がっている。

ただ、大部分はサムスンを擁護しており、「サムスンは悪くない。協力会社のことまで面倒みられないよ」「2時間で通報したならいい方では?」「サムスンの職員に消防業務までさせるの?。専門の業者に頼むのは当然のこと」「サムスンの職員ならけがしてもいいということ?。どういう論理?」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング