「あの曲はなんと日本発祥!」と紹介する動画、中国ネットから「こんなに多いとは…」の声

配信日時:2018年9月5日(水) 11時0分
「あの曲はなんと日本発祥!」と紹介する動画、中国ネット驚く
画像ID  1021789
3日、中国の自メディアが「おなじみのこの曲、なんとカバー曲だった?」とのサブタイトルを付けた動画を中国版ツイッター・微博に掲載した。資料写真。
2018年9月3日、中国の自メディア(新興メディア)が「おなじみのこの曲、なんとカバー曲だった?」とのサブタイトルを付けた動画を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に掲載した。

この動画は、中華圏で以前ヒットした名曲が実は日本の曲だということを指摘するもの。中華圏バージョンに続け、Kiroroの「未来へ」や平井堅の「Gaining Through Losing」、中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」「ひとり上手」、原由子の「花咲く旅路」、福山雅治の「桜坂」、中島美嘉の「雪の華」などが紹介されている。

この動画に中国のネットユーザーは多くのコメントを寄せており、中には「日本のカバー曲が多いことは知っていたけど、これだけ多いとは思わなかった」「日本のメロディーは世界的にも評価されている」「日本文化が中華圏に与える影響力は巨大」「中島みゆきは日本の流行音楽の大家。日本の音楽はすごいということを認めざるを得ない」などと書き込む人も見られた。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2018/09/05 16:09)

    作曲者を正しく明記していれば,それらの曲が日本人アーティストの作ったものであることが初めから分かっていたはずです。今になって初めて知ったと言うことは,それらの曲の作曲者として中国人の名前が載せられ,印税(?)もその「冒名」作曲者の懐に入っていたということなのでしょうね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事