Record China

ヘッドライン:

タイに輸出するS26T型潜水艦の建造を開始、1隻当たり334億円超―中国

配信日時:2018年9月5日(水) 10時50分
拡大
新華社など中国メディアは4日、タイに輸出されるS26T型潜水艦の建造が同日始まったと伝えた。1隻の価格は3億ドル(約334億円)超。新華社は「わが国の通常動力潜水艦の輸出における重要な進展」と評した。

建造を担当するのは武昌船舶重工集団。同社の武昌基地(湖北省武漢市)で4日に着工式典が行われた。タイ海軍と中国船舶重工集団は2017年5月、S26T型潜水艦3隻を約10億ドルで売却する契約を取り交わしていた。引き渡しは23年からと見られている。

S26T型潜水艦は、中国海軍が運用している039A型潜水艦(NATOコードネームはYuan~class=元級)の輸出用改造タイプとされる。039A型潜水艦は中国海軍が運用している通常動力型潜水艦として最新タイプで運用開始は06年。ディーゼル発電機だけでなく、日本の「そうりゅう」と同様にスターリングエンジンを用いた非大気依存推進(AIP)機関を搭載しているとされる。

中国メディアの新浪網掲載の記事によると、S26T型潜水艦の排水量は水上が1800トン、水中が2500トン。全長は77.7メートルで幅8.6メートル。潜航能力は300メートル。乗組員は38人。潜水中の最高速度は17ノット。電池残量80%の状態で260カイリの航行が可能。AIP使用時の航続距離は768カイリ。潜航して最長で20日の活動が可能。航続距離は8000カイリ。出港してから65日間の活動能力を持つ。設計寿命は25年間。

中国は1949年の建国以来、長期にわたって武器の輸出を行わなかった。一方で、武器を大量に輸出して利益を上げる米国を「道義に反する」などと批判した。中国から他国に武器が引き渡されることはあったが、いずれも「友好国」に対する無償供与だった。

方針を転換したのはトウ小平で、80年にエジプトに戦闘機を売却した。当時の中国の軍事関連企業は資金不足が深刻で、新兵器開発に大きな支障が出ていた。そのためトウ小平は「やむを得ない」として武器輸出に踏み切ったとされる。

80年から88年にかけてのイラン・イラク戦争では、中国が交戦中の両国に武器を輸出して巨額の利益を得たとされる。

現在の中国が武器輸出に極めて熱心である大きな理由も、新兵器開発などの資金獲得のためと考えてよい。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

F22、米国が日本提供に「開発能力失わせ一挙両得」と中国メディア、韓国紙は「技術移転の差」嘆く

米国が日本にステルス戦闘機「F22」提供を検討、との報道に中韓メディアが注目。「日本に独自開発する能力を失わせることができるため、一挙両得」「韓国への先端技術移転には消極的だったのに」などと反応している。写真はF22。

Record China
2018年8月31日 23時10分
続きを読む

中国初のAIP潜水艦部隊が多くの記録を樹立

中国の人民解放軍初のAIP(非大気依存推進)潜水艦部隊がこのほど、通常動力潜水艦遠洋航行の最長記録や潜水深度の新記録、国境条件下の実体標的船撃沈といった海軍における記録を樹立したという情報が、人々の注目を集めている。

人民網日本語版
2018年7月6日 23時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング