香港・台湾のビーチのペットボトルごみ、3分の2が中国から―香港紙

配信日時:2018年9月6日(木) 6時50分
香港・台湾のビーチのペットボトルごみ、3分の2が中国から―香港紙
画像ID  1021668
香港・台湾のビーチに捨てられたペットボトルごみの3分の2が中国製品であることが分かった。資料写真。
2018年9月3日、米華字メディア・多維新聞によると、香港と台湾の環境保護団体が中国本土の飲料メーカーにプラスチックごみの削減のための対策を講じるよう呼び掛けた。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、呼び掛けを行ったのは香港を拠点に活動する「緑惜地球(ザ・グリーン・アース)」。香港のNGO(非政府組織)8団体、台湾のNGO3団体と合同で香港と台湾の海岸や砂浜の清掃を行ったところ、ペットボトルごみの約66%に簡体中国語のラベルがついており、中国本土から漂着したものみられたという。

台湾の澎湖諸島でも中国本土から漂着したとみられる大量のペットボトルが見つかっており、ペットボトルなどの「海のプラスチックごみ」を削減する責任がメーカーにはあると、ザ・グリーン・アースの責任者は話している。

なお、プラスチックは熱や日光で細かく砕けてしまうが、小さくはなっても分解はされず「マイクロプラスチック」として海中に漂い続けることから、環境や健康に与える影響が懸念されている。(翻訳・編集/岡田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/09/06 07:24)

    >ペットボトルなどの「海のプラスチックごみ」を削減する責任がメーカーにはあると、ザ・グリーン・アースの責任者は話している 廃品回収業者がペットボトルを海に捨てていることが原因だろう。ゴミ屋からでは金を取れないので、メーカーの責任にしているのだ。環境問題と金儲けを混同するうちはゴミ問題は解決しない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事