イタリアの外国料理レストラン、半分が中国料理―中国メディア

配信日時:2018年9月6日(木) 0時40分
イタリアの外国料理レストラン、半分が中国料理
画像ID  949687
ここ5年、イタリアでは外国料理を提供するレストランが急速に発展しており、現地の飲食業市場で重要な位置を占めるようになっている。写真は中華料理。
イタリアメディアがこのほど発表した飲食業をめぐる調査報告によると、ここ5年、イタリアでは外国料理を提供するレストランが急速に発展しており、現地の飲食業市場で重要な位置を占めるようになっている。それらのレストランは、世界各地から来る観光客の需要を満たしているだけでなく、現地の人々の間でも人気を博しており、イタリアの飲食業市場は一層バラエティーに富み、活気を帯びるようになっている。イタリアの中国語ポータルサイト「欧聯網」報道を引用して中国新聞網が報じた。

調査によると、国際商業・貿易センター、ブランドの都であるミラノは、外国料理を提供するレストランがイタリアの都市の中で最も多く、その数は3137店舗に達している。そして、現地で1万2889人の雇用を創出している。

その他、首都ローマやフィレンツェ、トリノ、ブレシアなどの人気観光地、貿易都市、工業都市にも外国料理を提供するレストランがたくさんある。それらのレストランの多くは、中国料理レストラン、日本料理レストラン、米国式レストラン、トルコ料理レストランなどで、現地の人々の間でも人気を博している。

ミラノの外国料理レストランを見ると、中国料理レストランが全体の50%以上を占めている。特に近年は中国料理レストランが急速に台頭し、おいしさと庶民的な価格を売りに、多くのサラリーマンの間で人気になっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事