錦織、大坂の大活躍は「本物の実力」「うらやましい!」韓国でも絶賛

配信日時:2018年9月4日(火) 17時50分
錦織、大坂の大活躍は「本物の実力」「うらやましい!」韓国でも絶賛
画像ID  1021627
4日、全米オープンテニスでの日本人選手らの活躍が、韓国でも注目を集めている。資料写真。
2018年9月4日、全米オープンテニスでの日本人選手らの活躍が、韓国でも注目を集めている。

USオープンは4日、男子シングルス4回戦が行われ、錦織圭はフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を3‐0(6‐3、6‐2、7‐5)で下し、ベスト8進出を決めた。同大会9回目の出場となる錦織は、2014年にアジア選手として初めて準優勝を記録。昨年はけがで欠場していた。錦織の活躍について、韓国・聯合ニュースは、「ウィンブルドンに続いて2大会連続8進出を果たし、全盛期の勢いを取り戻したことを証明した」と伝えている。今年の錦織のメジャー大会の成績は11勝2敗。

また、同大会女子シングルスでは、大坂なおみの活躍が注目を集めている。大坂は4回戦でアリーナ・サバレンカを2‐1(6‐3、2‐6、6‐4)で破り、4大大会初の8強進出を決めた。大坂について、記事は「180センチの高身長から繰り出す時速192キロのサーブが持ち味」とし、「4回戦でも9本のサービスエースを決めた」と伝えている。

日本人選手らの活躍に、韓国のネットユーザーからは「錦織は本当に世界トップクラス。東洋人の身体的な限界を超えさせる機械のように正確なショットが素晴らしい」「最近の日本スポーツ界がうらやましい。いろんな種目でたくさんの選手が活躍しているから、1年間ずっとスポーツ観戦を楽しめそう」などとうらやむ声が上がっている。

また、今年1月に全豪オープン男子シングルスでノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破り話題を集めた韓国テニスの期待の若手、鄭現(チョン・ヒョン)と比較する声も多く、「錦織に比べたら鄭現はプロとは思えないレベル。ショットも姿勢も安定していない」「鄭現よ…。これが本物の実力だよ」「大坂のサーブ速度は鄭現より速いのでは?」「鄭現が錦織に追いつくことはなさそう」「錦織は復活できるところがすごい。鄭現は1回の活躍で終わってしまうのだろうか」などが寄せられている。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事