Record China

ヘッドライン:

中国モバイル決済技術の「海外進出物語」―中国メディア

配信日時:2018年9月7日(金) 15時30分
拡大
中国人観光客が携帯電話を手にして世界中で「QRコード読み取り」をしているだけでなく、中国の進んだモバイル決済技術が「一帯一路」建設に参加する国・地域にも進出し、現地の人々に便利で効率がよく安全な新しい決済手段をもたらした。写真は各種モバイル決済。

マレーシアの首都クアラルンプールでは、サラリーマンが携帯電話でコードを読み取って改札を通り、地下鉄に乗っている。マレーシアは世界で2番目にQRコードを読み取って地下鉄に乗車できるようになった国だ。フィリピンの首都マニラにあるレストラン「マンゴーツリー」では、中国人観光客がQRコードを読み取って支付宝(アリペイ)で支払いができるだけでなく、地元の人もフィリピン版支付宝とされるGCASHで同じQRコード読み取りによる支払いが可能だ。人民日報が伝えた。

中国人観光客が携帯電話を手にして世界中で「QRコード読み取り」をしているだけでなく、中国の進んだモバイル決済技術がインド、マレーシア、フィリピン、パキスタン、バングラデシュなどの「一帯一路」(the Belt and Road)建設に参加する国・地域にも進出し、現地の人々に便利で効率がよく安全な新しい決済手段をもたらした。

■現地版支付宝が現金社会を変える

他の国際的に先行する決済プラットフォームは資本損失率が0.0017%に上るのに対し、支付宝はリスク識別にかかる時間が0.1秒、平均損失率が0.000001%だ。支付宝の貸出業務「310モデル」では、オンラインで借り入れの申請をするのにわずか3秒、入金にわずか1秒、人の手を煩わせる工程がゼロという便利さで、QRコードに対応する中国の小規模・零細企業数百万社が信用に基づいてスムースに借り入れができるようになった。このように、10年に及ぶ試行錯誤を経て、支付宝のモバイル決済技術は中国での運用が成熟期を迎えた。この進んだデジタル技術のサービスを世界のより多くの人々に届けるにはどうしたらよいだろうか。アント・フィナンシャルはさまざまな国で使える、リスク対策、詐欺防止、アンチマネー・ロンダリングなど基礎的機能を備えた汎用型技術プラットフォームを開発し、協力パートナーが現地で積み上げた経験と融合させ、海外進出の足がかりとした。

アントのグローバル現地化ウォレット技術者の熊務真(シオン・ウージェン)さんは、「単なる技術供与では問題は解決できない。現地ユーザーの『困っていること』を実際に体験して正確に探り当て、現地の人の普段の利用シーンを把握しなければ、現地によりよいサービスを提供することはできない。どの国でも、アントのチームはまず現地ユーザーの状況を詳しく調査し、詳細な調整や検討を重ねて、現地の人々が最も必要としている決済シーンはどれかを考える」と述べた。

■国によってシーンは異なり、現地化電子ウォレットの特徴も異なる。

フィリピンでは銀行に口座を持たない人が66%に上り、信用情報の記録がない人も90%に上る。現金利用が一般的で、銀行システムも十分には発達していない。振り込みや送金は全国に1万2カ所あるチャージ・振り込みスポットで行われる。アントはこのシーンから切り込むこととし、現地最大のデジタル金融企業Myntと提携し、現地で最大の電子ウォレットGCASHを打ち出し、オンラインでコード読み取りと決済ができるようにし、携帯電話でのチャージ、振替・各種料金支払い、オンライン・オフラインのショッピング、映画のチケット予約などもに対応するようにした。提携スタートからの8カ月間に、電子ウォレットのリスク対策システムが徐々に構築され、利用者は800万人を超えて当初の3倍になり、取引量も2倍になった。

マレーシアでは、アントは現地トップの決済サービス企業Touch N Go(タッチアンドゴー)と提携し、最も頻繁に利用される交通シーンから着手した。これ以前には、タッチアンドゴーはマレーシアの人々にプリペイドカードによる高速道路の料金支払所、駐車場、公共交通機関などでの決済サービスを提供し、2000万人のアクティブユーザーがいた。アントとの提携後は、わずか4カ月でタッチアンドゴー電子ウォレットを打ち出し、決済、振替、携帯電話のチャージ、公共料金支払い、航空券購入など日常のさまざまなシーンでの応用が実現した。

現在、支付宝の海外オフライン決済が使える国・地域は40を超え、食事、エンターテインメント、移動交通などの海外企業数十万社が支付宝を導入した。また、国際空港80カ所以上でリアルタイム税還付サービスを行っている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング