中国の一帯一路に対抗、米国が世界のインフラ投資を倍増か―米紙

配信日時:2018年9月5日(水) 6時20分
中国の一帯一路に対抗、米国が世界のインフラ投資を倍増か―米紙
画像ID  1021488
3日、米華字メディア多維新聞は、米国が中国の「一帯一路」に対抗すべく、世界の大型インフラ整備プロジェクトへの投資額の倍増を計画していると報じた。資料写真。
2018年9月3日、米華字メディア多維新聞は、米国が中国の「一帯一路」に対抗するため、世界の大型インフラ整備プロジェクトへの投資額の倍増を計画していると報じた。

記事は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの3日付報道を引用。「米国議会が現在、新たな機関を設置して600億ドル(約6兆7000億円)の開発投資の権限を与える法案の可決を目指している」とし、「この金額は現在同様の機能を持つ機関の資金規模の2倍以上に当たる」と伝えた。そして、「この法案はすでにトランプ政権の支持を得ており、先日下院で可決されて現在上院での審議を控えている」と紹介している。

報道によると、新たな機関は中国政府が打ち出している「一帯一路」構想をターゲットにしたものであり、その主体は1971年にニクソン元大統領が設立した「海外プライベート投資会社」で、この機関は昨年のホワイトハウスの予算で削減が取り沙汰されるほどの「知られざる機関」だったという。

「新機関設立に向けた最大のハードルは上院にあり、今のところ最優先の議事に入っていない」と記事は紹介している。上院で最も速やかに可決する方法は、100人の上院議員が一致して同意することだが、1人でも反対があればこの方法は使えず、審議と可決に時間がかかる見込みのようだ。

米政治メディア・ポリティコは8日、トランプ大統領が7日に「一帯一路は世界の貿易を混乱させるだけでなく、自分自身とっても十分に『侮辱的』な意味を持っている」と語ったことを報じている。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hoo***** | (2018/09/05 06:28)

    日本も中国の腰ぎんちゃくを選ぶより、中国の覇権を制御する方を選ぶべきだ。中国のすり寄りは利用しながら交わす政治能力が必要になる。先ず尖閣問題の決着が必要だし台湾に中国軍基地が出来るとどうなるか位考えて行動しているかどうかすら疑わしい。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事