Record China

ヘッドライン:

柔道日韓戦、韓国が日本の主張に反論「試合中にルール変わった」

配信日時:2018年9月3日(月) 14時30分
拡大
2018年9月2日、韓国・聯合ニュースによると、「ジャカルタ・アジア大会の柔道種目競技委員会は、団体戦の延長時のスコア計算ルールを試合前日に告知した」と伝えた日本メディアの記事について、韓国柔道会が「誤報だ」と主張した。

1日に行われた柔道の男女混合団体戦準々決勝で、日本と韓国は3勝3敗で引き分けたが、指導三つによる反則勝ちを含む一本勝ちの多い方の勝ちというルールにより日本が準決勝進出を決めた。しかし韓国の選手らは勝敗に納得せず、畳の上で約10分間座り込む事態となった。これをめぐり、記事は「とんでもない判定だった」とし、「国際柔道連盟は団体戦の引き分け時のスコア計算について、一本勝ち=10点、技あり=1点、反則(指導)勝ち=0点と規定しているが、審判は指導勝ちを10点で計算した」と説明。「審判は試合中に指導勝ちを10点に変えて勝敗を決めた」と伝えている。

同問題をめぐり、日本代表関係者らは日本メディアを通じて「韓国がルールを理解していなかったようだ」とし、「大会側は試合前日の監督会議で、指導勝ちは10点と計算することを告知した」と述べていた。

しかし韓国柔道会のカン・ドンヨン事務局長は、2日の電話インタビューで「大会側は、試合前日の8月31日午後3時、競技場の電光掲示板を使って監督会議を行ったが、そこに審判委員は参加しておらず、スコア計算のルールについての告知はなかった」と主張したという。また、韓国のネット上に「指導勝ちは10点と計算する」と書かれた文書が出回っていることについても「別の大会の要綱」とし、「国際連盟のルールは指導勝ちを0点としている」と強調したという。

これに、韓国のネットユーザーからは「また日本がうそをついたのか」「一本と指導が同じ10点であるわけがない」「そこまでして韓国に勝ちたかったの?」「正式に抗議し、メダルを取り戻すべき」「ルールを前日に告知するなんてことあり得る?」など、日本側の主張に疑問を示す声が数多く上がっている。

一方で、「大会が終わった後に言っても意味ない」「情けない。こんなんなら大会に出ない方がまし」など、韓国側の対応への不満の声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「平昌五輪会場が悩みの種に転落」と韓国紙、事後活用策決まらず、アルペンスキー場は山崩れの懸念も

平昌冬季五輪から約半年。韓国紙は施設の事後活用策が決まらず、「建設した施設は悩みの種に転落した」と報じ、アルペンスキー場は「豪雨により土と砂利が崩落し山崩れが懸念される」とも伝えている。写真は平昌五輪会場。

Record china
2018年9月1日 23時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング