アジア大会、次回開催地の中国・杭州が歓迎パフォーマンス!TFBOYSイー・ヤンチェンシー、ジャック・マー氏ら登場―中国

Record China    2018年9月3日(月) 11時10分

拡大

2日、第18回アジア競技大会の閉会式で、次回開催地の中国・杭州市をPRするパフォーマンスに、人気ユニットTFBOYSのイー・ヤンチェンシーらが出演した。

(1 / 8 枚)

2018年9月2日、第18回アジア競技大会の閉会式で、次回開催地の中国・杭州市をPRするパフォーマンスに、人気ユニットTFBOYSイー・ヤンチェンシー(易[火羊]千璽)らが出演した。新浪が伝えた。

その他の写真

4年に1回のスポーツの祭典、18回目を迎えたアジア競技大会はインドネシアで16日間の熱戦を繰り広げ、2日夜に閉会式が行われた。今大会には45カ国・地域から約1万1000人の選手が参加。中国は今大会でトップとなる132個の金メダル、92個の銀メダル、65個の銅メダルを獲得し、2年後の東京五輪に向けて弾みをつけている。

ジャカルタのブンカルノ競技場で行われた閉会式では、次回2022年の開催地となる中国・杭州市が、アジアに向けて歓迎の意を示すためのパフォーマンス「杭州8分間」が行われた。杭州市は古都として長い歴史を持ち、数多くの詩に詠まれた西湖など、風光明媚な観光地としても世界的にその名を知られる。「杭州8分間」では蓮の葉に乗った少女が空中から登場し、古代の美女たちが笛や琵琶を奏でる演出からスタート。古都をイメージした幻想的な雰囲気で会場を包んだ。

さらに後半では、現代の杭州の生き生きした躍動感を表すパフォーマンスで、TFBOYSのイー・ヤンチェンシーが登場して歌とダンスを披露。トリを務めたのは、杭州市を拠点とする電子商取引大手、アリババグループ創業者のジャック・マー馬雲)氏。今回の開催地・インドネシアへの感謝と、杭州市を代表しての歓迎のメッセージを伝えている。(翻訳・編集/Mathilda)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携