米空母と日本の「準空母」が「中国の南シナ海」で共同訓練―中国メディア

配信日時:2018年9月2日(日) 18時50分
米空母と日本の「準空母」が「中国の南シナ海」で共同訓練
画像ID  1021123
1日、中国メディアの環球網は、米空母と日本の「準空母」などが8月31日、「中国の南シナ海の海域」で共同訓練を実施したと報じた。写真は「かが」。
2018年9月1日、中国メディアの環球網は、米空母と日本の「準空母」などが8月31日、「中国の南シナ海の海域」で共同訓練を実施したと報じた。

環球網は、米ニュースサイト「Navy Recognition」の報道を引用し、訓練に参加したのは、米国はニミッツ級の原子力空母「ロナルド・レーガン」やイージス駆逐艦「ミリアス」など、日本はヘリコプター搭載型護衛艦「かが」と護衛艦「いなづま」「すずつき」だとし、ロナルド・レーガンとかがについて「米海軍と日本の海上自衛隊で最大の洋上作戦艦船だ」と伝えた。

その上で記事は、中国国防部の呉謙(ウー・チエン)報道官が同30日、米軍が南シナ海で展開する「航行の自由作戦」や米CNN取材班が米軍機に乗り込み南シナ海で撮影を行ったことなどについて談話を発表したと伝えた。

談話では「南シナ海諸島は古来中国領であり、南シナ海の航行の自由に問題はない」とし、「米側は、南シナ海問題を意図的に誇張し、航行の自由に影響を与えるとのレッテルを中国側に貼ろうとしている。中国による島・礁建設は主に民間のニーズを満たすためであり、完全に正当で理にかなっている。中国が島・礁上に必要な防衛施設を配置するのは、主権国家の当然の権利であり、完全に正当で理にかなっている。中国が、中国側の島・礁近くに飛来し挑発する米軍機に対して、法規にのっとり警告するのも、同様に完全に正当で理にかなっている」とした。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事