Record China

ヘッドライン:

台湾のマクドナルド、ビッグマックを1個買うと1個無料のキャンペーンに客殺到、やむを得ず一時閉店に―中国メディア

配信日時:2018年9月3日(月) 8時40分
拡大
2018年9月1日、観察者網は、台湾のマクドナルドでビッグマックを1個買うともう1個無料になるキャンペーンに客が殺到し、一時閉店せざるを得なくなったと伝えた。

記事は、「アジア大会のバドミントン女子シングルスで、台湾の戴資穎(ダイ・ズーイン)選手が優勝したことを記念して、マクドナルドは8月31日にビッグマックを1個買うともう1個無料になるというキャンペーンを行った」と紹介。「多くの店舗で長い行列ができ、ビッグマックはあっという間に売り切れた」という。

記事によると、マクドナルトは「8月31日正午ごろにビッグマック完売」を発表。「9月2日から19日までメインメニューはどれも1個買うともう1個無料にすることを発表した」という。多くの店では閉店を余儀なくされたが、それでも店の外には多くの行列ができて、店員が対応に追われたと伝えた。

マクドナルドによると、「1個買うともう1個無料になるキャンペーンは予想を超える反響で、一部で材料の供給が追い付かなかったことに加え、従業員の苦労も考慮して、9月1日午前10時半にはほとんどの店舗を一時閉店とした」という。百貨店や大型店舗、学校、駅などの一部店舗でのみ、状況を見て営業を続けたという。また、従業員に対しては、キャンペーン期間中の時給を2倍にするほか、月給制の従業員には.振替休日を1日とれるようにする措置を取るとしている。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

マクドナルド、1年で中国に300店新規オープン―中国メディア

1年前に中国中信グループと米投資ファンドのカーライルグループがマクドナルドの中国事業部門を買収して以来、マック中国は5年で新たに2000店舗をオープンするとの目標を確定し、ここ1年間ですでに約300店舗をオープンさせた。写真はマクドナルド。

人民網日本語版
2018年8月7日 14時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング