中国TCL、オンキョーと共同開発した技術搭載のテレビを欧州市場に投入など

配信日時:2018年9月1日(土) 9時20分
TCL、オンキョーと共同開発の技術搭載のTVを欧州市場に投入など
画像ID  1020859
オンキヨーとの共同開発による音質技術が搭載された中国TCLの欧州市場向けテレビ「QLED 8K の X8 シリーズ」(写真)と「4K QLED TV(Living Windows シリーズ) Living Window シリーズ」が発表された。
<日中経済・新事情>
関連用語:オンキョー、TCL / 日立造船、ナガオカ、那賀日造設備(大連) / インアゴーラ、東北銀行、GLコネクト

●TCL、オンキョーと共同開発した音質技術搭載のテレビを欧州市場に投入
オンキヨーによると、TCL Electronics Holdings Limited(TCL電子控股、広東省恵州市)グループとの業務提携にもとづき共同開発した音質技術を搭載した欧州市場向けのテレビシリーズが8月31日から9月5日までドイツ・ベルリンで開催されるIFA2018で発表された。搭載されたのはTCLブランドのQLED 8K の X8 シリーズと、芸術的な生活をターゲットにし た 、4K QLED TV(Living Windows シリーズ) Living Window シリーズ。テレビとして最高レベルの音が楽しめるという。

●日立造船、那賀日造設備(大連)の持分すべてを共同出資のナガオカに譲渡
日立造船は8月31日、那賀日造設備(大連)の持分のすべてを共同出資者であるナガオカ(大阪府貝塚市)に譲渡することで合意したと発表した。プロセス機器事業においては有明工場に製造拠点としての資源を集中することが望ましいと判断し、自社持分45%すべてを譲渡することにした。譲渡実行は中国当局による認可後の9月中旬の見込み。

●インアゴーラ、東北銀行と共同で東北企業の越境EC進出を支援
中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)」を運営するインアゴーラは8月31日、東北銀行と共同で東北企業の越境EC市場進出支援を同日開始したと発表した。インアゴーラが2017年10月に出店取次パートナー契約を締結したGLコネクトが8月10日、東北銀行との業務提携を行ったことで、インアゴーラと東北銀行の関係が構築された。GLコネクトは伊藤忠商事、あおぞら銀行(東京都)、鹿児島銀行(鹿児島県)、荘内銀行(山形県)、十六銀行(岐阜県)、東邦銀行(福島県)、伊予銀行(愛媛県)などが共同出資する会社で、ファイナンスとビジネスソリューションにより地方都市・大都市・海外をつなぐビジネスチャンスを創出する活動をしている。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事