Record China

ヘッドライン:

韓国、2032年五輪の南北共同招致を目指す―韓国メディア

配信日時:2018年9月2日(日) 8時10分
拡大
31日、中新網は、韓国・亜州経済の報道を引用し、「韓国は2032年五輪の南北共同招致を目指している。来月の南北首脳会談では、これが議題の1つになるであろう」と伝えた。写真は1988年に開催されたソウルオリンピックのメーン会場、チャムシル総合運動場。

2018年8月31日、中新網は、韓国・亜州経済の30日の報道を引用し、「韓国は現在、2032年夏季五輪をソウルと平壌が共同招致することを目指している。来月の南北首脳会談では、これが議題の1つになるであろう」と伝えた。

記事によると、亜州経済は韓国国会からの情報として、「与党・共に民主党と文化体育観光部など関連部門はこのほど、文化・スポーツ界の専門家を招いて非公式会議を開き、2032年夏季五輪を南北で共同招致する案について話し合った」と伝えた。

同国国会文化体育観光委員会の安敏錫(アン・ミンソク)委員長は、「政府と与党は以前、2034年ワールドカップの南北共同招致案について話し合ったことがあるが、最近、五輪へと方向を変えた。これによって南北のスポーツ交流が促進されることを望んでいる」と述べたという。

記事は、亜州経済による今後の見通しとして、「9月に行われる南北首脳会談では、共同招致が議題に上るであろう。招致するためには、共同招致促進委員会が設置されることになる。南北が共同招致で合意すれば、同委員会設置後に、招致過程に基づいて具体的な作業スケジュールが決められるであろう」と伝えた。

記事は最後に、今後の五輪開催地について、2020年は東京、24年はパリ、28年はロサンゼルスと紹介した。(翻訳・編集/林)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

竹島の位置に白いテープ…南北選手が掲げた「統一旗」の意味に注目集まる

27日、韓国・スポーツ京郷によると、アジア大会に出場している南北合同チームが、カヌーの女子トラディショナルボートレース500メートルで金メダルを獲得した。韓国では、同チームの選手らが授賞式で掲げた統一旗に注目が集まっている。写真は朝鮮半島の地図。

Record China
2018年8月27日 12時30分
続きを読む

「低レベル」に終わった南北会談、北朝鮮は怒りを露わに=韓国ネット「なぜ韓国が解決を?」「民族統一のために頑張れ」

韓国と北朝鮮は13日、第4回南北高位級会談を板門店で行った。会談で双方は、9月に南北首脳会談を平壌で行うことで合意したが、韓国・国民日報は、「具体的な日程を決めない『低レベル』の合意にとどまった」と評価している。写真は南北境界の38度線付近。

Record China
2018年8月15日 6時20分
続きを読む

ランキング