アジア大会、韓国選手の飲食による体調不良が相次ぐ―韓国メディア

配信日時:2018年8月31日(金) 21時10分
アジア大会、韓国選手の飲食による体調不良が相次ぐ
画像ID  1020567
30日、新浪体育は、ジャカルタ・アジア大会で韓国選手の体調不良が相次ぎ、試合でのパフォーマンスに影響が及んだと報じた。写真はアジア大会のレストラン。
2018年8月30日、新浪体育は、ジャカルタ・アジア大会で韓国選手の体調不良が相次ぎ、試合でのパフォーマンスに影響が及んだと報じた。

記事は韓国メディアの報道を引用し、「大会運営に多くの悪評が寄せられているが、とりわけ飲食の安全問題が大きい」と指摘。記事によると、3人制バスケットボールの韓国選手2人は25日朝、選手村の食堂で提供された食事を食べた後に胃の不調を訴えたそうだ。サラダを食べたという選手からは「漂白剤のような臭いがした」とのコメントが寄せられたという。

一方、卓球女子のヤン・ハウンは28日の中国との団体戦準決勝に出場する予定だったが、前日の対シンガポール戦の後に胃腸炎の症状が悪化した。28日未明に病院に行かざるを得ない状況となり、韓国チームは経験の浅い選手をヤンの代わりとして起用。韓国は中国を破ることができなかった。

記事は野球でも高熱の出た選手3人が27日の対インドネシア戦を欠場したと説明するとともに、「同様の問題は韓国以外の選手にも起きている」と指摘。また、選手村付近の河川から汚水による悪臭が漂っていることも伝えている。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事