「みんなプロ」の韓国、アマチュア日本に勝ってもネットからは不満続出!

配信日時:2018年8月31日(金) 12時30分
日本に勝ったのに不満続出!韓国野球に厳しい声
画像ID  1020552
30日、ジャカルタ・アジア大会の野球スーパーラウンド第1戦が行われ、韓国は日本に5‐1で勝利した。しかしネット上には“冷ややかな反応”が寄せられている。資料写真。
2018年8月30日、ジャカルタ・アジア大会の野球スーパーラウンド第1戦が行われ、韓国は日本に5‐1で勝利した。しかしネット上には“冷ややかな反応”が寄せられている。

韓国・中央日報によると、韓国は同日の日韓戦に「背水の陣」で挑んだという。韓国は今大会で金メダルを獲得するため、社会人を中心に構成する日本や台湾と違い、トップレベルのプロ選手でチームを構成した。国内プロリーグは2週間中断された。しかしグループリーグの内容は思わしくなく、台湾との第1戦には1‐2で敗れ、インドネシアや香港には勝利したものの、内容は良くなかった。メディアやファンからは厳しい目が向けられていた上、同日の日韓戦に敗れれば、決勝進出を逃す可能性が高いという状況。

そのため、韓国の選手らは試合序盤から集中力を発揮。グループリーグで不振だった4番打者、朴炳鎬(パク・ビョンホ)もソロ本塁打を含む4打数3安打と活躍した。試合後、朴炳鎬は「大きなプレッシャーを抱えて試合に臨んだ」とし、「台湾に敗れた後に反省した。良い結果が出てうれしい」と話したという。

日韓戦に勝利し優勝に一歩近づいたものの、韓国のネットユーザーは冷ややかな反応を示している。記事のコメント欄には「プロの出場禁止、優勝者への兵役免除禁止!アジア大会も五輪も日本のように戦おう」「金メダルを取っても恥ずかしさが残る。社会人チームに勝って金メダルなんて…」「韓国もプロ以外の選手で出場すべき。今のようにプロ選手を集めるのは、アジア大会の基本趣旨に反する」「大学生でチームを構成しよう。そうすれば大学野球活性化にもつながる」「日本の社会人チームなら、韓国のプロレベルじゃない?」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事