日立、四川省政府と産業・流通、ヘルスケア、アーバン分野におけるデジタル化の協力で合意など

配信日時:2018年8月31日(金) 9時10分
日立、四川省の産業・流通、ヘルスケアなどのデジタル化に協力など
画像ID  1020440
日立製作所は四川省と産業・流通、ヘルスケア、アーバン分野におけるデジタル化について協力していくことで合意した。写真は調印の様子。中央の背の高い男性が四川省の尹力省長、向かって右隣りが日立製作所の東原敏昭執行役社長兼CEO。
<日中経済・新事情>
関連用語:日立製作所、四川省 / スクウェア・エニックス、騰訊(テンセント) / 小田急 / ホンダ / 三菱自動車 / 日産自動車

●日立、四川省政府と産業・流通、ヘルスケア、アーバン分野におけるデジタル化の協力で合意
日立製作所は30日、四川省の尹力(イン・リー)省長と意見交換し、産業・流通、ヘルスケア、アーバン分野におけるデジタル化について協力していくことで合意したと発表した。日立グループとして四川省の経済・情報化委員会の指導の下、四川省の関連企業および機関と協力して積極的に活動する考えだ。

●スクウェア・エニックスがテンセントと戦略的提携
スクウェア・エニックス・ホールディングスは30日、中国の騰訊(テンセント)グループとの間で戦略的提携関係を構築することで合意し、同グループの持株会社であるTENCENT HOLDINGS LIMITED(本社・香港)とで基本合意書を締結したと発表した。合弁会社の設立、新規IPに基づくAAAタイトルの共同開発、既存IPのライセンスなどを内容とする騰訊グループとの戦略的提携を通じて、中国市場だけではなくグローバルなコンテンツ・サービスの展開を加速する。

●小田急、中国・台湾・ベトナム・インドネシアで観光プロモーション事務所を開設
小田急電鉄は30日、中国、台湾、ベトナム、インドネシアで9月1日に、小田急沿線および小田急グループ施設への誘客やPRを目的とした観光プロモーションの業務委託事務所を開設すると発表した。2017年度における外国人向け観光案内所「小田急旅行センター」の同国・地域の利用者数は全体の約4割を占め、増加傾向にあることから、今後も一層の訪日客数の取り込みが見込めると判断した。同社は2016年9月にタイ(バンコク)、18年2月にはフランス(パリ)に駐在員事務所を開設し、現地でのPR活動を行ってきた。

●ホンダ、7月は世界生産・海外生産・アジア生産・中国生産とも過去最高
本田技研工業は30日、7月度の四輪車生産・販売・輸出実績を発表した。世界生産は4カ月連続で増加して前年同月比6.0%増の42万1053台、海外生産は4カ月連続で増加して前年同月比2.5%増の34万2822台、アジア生産は4カ月連続で増加して前年同月比12.0%増の21万9295台、中国生産は5カ月連続で増加して前年同月比7.2%増の14万2121台で、すべて7月として過去最高だった。

●三菱自、7月の中国生産は前年比30.9%増
日産自動車は30日、7月単月の生産・販売・輸出実績を発表した。総生産は2017年5月以来15カ月連続で前年比増となり、前年同月比18.2%増の11万6703台だった。国内生産は同14.4%増の5万2311台、海外生産は同21.5%増の6万4392台だった。アジア生産は同21.5%増の6万2349台、うち中国生産は同30.9%増の9564台、タイ生産は同6.2%減の3万730台だった。

●日産、国内外とも生産販売で前年実績を下回る、中国は7月として過去最高
日産自動車は30日、7月度の生産・販売・輸出実績を発表した。国内生産は前年同月比20.6%減の7万7731台、海外生産は同0.5%減の32万9247台だった。中国での生産は同6.4%増の11万3403台で7月として過去最高だった。国内販売は前年同月比0.3%減の5万1050台、海外販売は同5.2%減の37万6959台だった。中国での販売は同2.0%増の10万6859台で7月として過去最高だった。(翻訳・編集/如月隼人
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事