Record China

ヘッドライン:

「想像もできない現象…」韓国気象庁の発言が「無責任すぎ」と物議

配信日時:2018年8月31日(金) 11時30分
拡大
30日、韓国・国民日報は、「韓国気象庁の“無責任な発言”が物議を醸している」と報じた。写真はソウル。

2018年8月30日、韓国・国民日報は、「韓国気象庁の“無責任な発言”が物議を醸している」と報じた。

記事によると、韓国では28日夕方以降に集中豪雨があり、河川の氾濫や道路の浸水など各地で被害が相次ぎ、死者も出た。当初、気象庁から豪雨注意報は発令されておらず、午後7時40分になってようやくソウルに警報が発令された。このため、ネット上では「予報すべき気象庁が生中継をしているのか」などの批判が多く寄せられたという。

さらに、市民らの不満の火に油を注いだのが気象庁予報局長の発言。ユ・ヒドン局長は同日夜、記者らに送ったメールで「戸惑いを通り越し、開いた口がふさがらないほど想像できなかった現象」だとし、「30年近く気象庁に勤務しているが、初めて見る現象だったので予測できなかった」と述べたという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「無責任な発言」「想像もできないくせに、なんで気象庁にいるの?」「税金がもったいない」「予報責任者が言うせりふなのか」「こちらの口がふさがらない」「気象庁の職員の給料より、外国から天気予報情報をもらう方が安そう」「気象庁に予算を使うのは金の無駄。日本の天気予報を参考にしよう」など非難の声が高まっている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国気象庁、五輪中に衛星が故障するハプニングで日本にSOS=韓国ネット「どうりで最近の天気予報はよく当たる」「日本、ありがとう!」

14日、韓国メディアによると、平昌五輪期間中、韓国気象庁は韓国の気象観測衛星「千里眼1号」で天気予報をすると発表していた。しかしこのほど、同衛星が故障のため作動していないことが確認された。写真は平昌五輪の開催地・江陵にある江門海岸。

Record China
2018年2月14日 16時30分
続きを読む

平昌五輪の天気予報も任せて!韓国に「空飛ぶ気象観測所」登場も、ネットからは大ブーイング「お金がもったいない」「日本の天気予報を見た方が…」

20日、韓国メディアによると、「空飛ぶ総合気象観測所」と呼ばれる気象観測用航空機が韓国で初めて導入される。08年に導入計画が立てられてから9年、現在は最終的な行政手続きを終えた段階にあり、来年初めには韓国領空を飛ぶ計画という。写真は平昌五輪の競技会場。

Record China
2017年12月23日 17時50分
続きを読む

ランキング