日本や韓国のブランドも!中国で極めてよく似せた「偽物」のテレビ流通―中国メディア

配信日時:2018年8月31日(金) 6時40分
日本や韓国のブランドも!中国で極めてよく似せた「偽物」のテレビ流通
画像ID  1020500
30日、中国メディアの毎日経済新聞は、国内外の有名ブランドに極めてよく似せた「偽物」テレビの一大製造拠点となっている中国南部、広東省広州市について伝えた。資料写真。
2018年8月30日、中国メディアの毎日経済新聞は、中国で急速にシェアを拡大しているソーシャルECプラットフォーム「拼多多(Pinduoduo)」で、国内外の有名ブランドに似せたテレビが大量に出回っているとして問題になったことに関連し、そうした「偽物」のテレビの一大製造拠点となっている中国南部、広東省広州市の番禺区や花都区について伝えた。

記事によると、中国各地に出回っている偽物テレビの大半が広州で製造されている。ある事情通によると、中国ブランドでは創維(スカイワース)、康佳(KONKA)、海信(ハイセンス)、TCL、海外ブランドではサムスン、シャープ、パナソニックなどに極めてよく似せたテレビが多く製造されている。その「手口」は、例えば「KONKA」を「KINT」としてロゴの文字のフォントを微妙に変えたり、長虹のロゴの最初の文字の「CH」を「CI-I」にしたりするというものだ。

「拼多多」事件を受け、広州市番禺区の市場監督管理局が今月13~17日、区内の大石街にあるテレビ製造工場など130社に対する調査を行ったところ、無許可経営が12社、登録住所に存在なしが4社、閉鎖・移転済みが34社確認されたほか、3C認証未取得や商標侵害の疑いによる立案調査処理も13件に上った。番禺区大石街の工場は比較規模が小さいのに対し、花都区には経営規模の大きな偽物家電の製造工場が多く、正規の営業許可や商標認証を得ている所もあるという。

先の事情通は「偽物テレビは中国ではとても需要がある」とし、「こうした工場にとって、一流ブランドを引き受けるコストは高い。だが偽物を製造するコストはとても低く、3~5人もいれば解決できる」と話している。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hoo***** | (2018/08/31 07:06)

    皆が知って居る当然の事でも、見出しの書き方を間違えるな。日本ブランドが中国の真似をして居るかのような書き方だ。中国では偽物を扱うデパートが有るし、当然立派な偽物製造工場がある。政府が著作権を盗ませている如くだ。何時まで立っても3等国の所以だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事