【募集中】韓国語社内スタッフ

過去の誘拐事件とヌード写真掲載、女優カリーナ・ラウ「すべての人を許している」と告白―香港

配信日時:2018年8月30日(木) 11時0分
誘拐事件とヌード掲載、カリーナ・ラウ「すべての人を許している」
画像ID  1020211
29日、香港の女優カリーナ・ラウがトーク番組で、1990年に発生した誘拐事件や、その後の週刊誌の写真掲載騒動について、「すでにすべての人を許している」と語った。
2018年8月29日、香港の女優カリーナ・ラウ(劉嘉玲)がトーク番組で、1990年に発生した誘拐事件や、その後の週刊誌の写真掲載騒動について、「すべての人を許している」と語った。大紀元が伝えた。

その他の写真

当時すでに人気女優だったカリーナ・ラウの、「空白の3日間」と呼ばれる誘拐事件が発生したのは1990年4月のこと。ある映画への出演を強要され、拒んだことでマフィアに連れ去られたといわれる事件だ。それから13年を経た03年、週刊誌「東週刊」が誘拐当時のものというカリーナ・ラウのヌード写真を掲載。これに対し、ジャッキー・チェン(成龍)をはじめ香港の人気タレントたちが立ち上がり、同誌のボイコットを呼び掛けた。世間の批判も高まり、同誌は休刊に追い込まれている。

このほど中国のトーク番組に出演したカリーナ・ラウが、過去の事件について自ら進んで口を開いた。2つの騒動に関わったすべての人々のことを、「すでに許している」といい、今こうして昔話として語ることができるのは、「許しているからこそできる」と語っている。確かに苦しんだ時期もあったが、「あの事件が自分を成長させ、そのせいで迷いが消えて明るくなった」とも話している。

週刊誌のトラブル発生時、多くの人気タレントと共に抗議活動を行ったカリーナ・ラウだが、その中で「自分という人間が予想以上に強いことを知った」と語る。2つの騒動は「生きた学びの場」だったといい、「どんな状況に置かれても、自分は生きていける」という強い自信を芽生えさせてくれたという。(翻訳・編集/Mathilda)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事