Record China

ヘッドライン:

夏休みは10代の人工中絶が激増、「無痛手術」の普及で“お手軽感”増す―中国

配信日時:2012年8月21日(火) 11時32分
拡大
18日、性の低年齢化が進む中国で、毎年夏休みになると増えるのが「人工中絶」を行う10代の少女たち。最近は「無痛中絶」の普及で「堕胎はお手軽」という間違った風潮さえ生まれている。写真は人工中絶の広告。
(1/3枚)

2012年8月18日、性の低年齢化が進む中国で、毎年夏休みになると増えるのが「人工中絶」を行う10代の少女たち。最近は「無痛中絶」をうたった広告がネット上を席巻し、「堕胎はお手軽」という間違った風潮さえ生まれている。上海紙・新民晩報が伝えた。

その他の写真

上海市内の中国人民解放軍四一一医院の産婦人科医、程暁梅(チョン・シャオメイ)さんの元に夏休みに入ってすぐ、16歳の妊婦がやって来た。すでに妊娠8カ月。父親は同級生で、2人とも来年高校受験を控えた中学生だ。女の子は妊娠に気づいていたが、誰にも相談できなかったという。体型の変化に気付いた祖母が病院に連れて来た。

「お腹に腫瘍ができているのでは」と母親に連れられてきた女の子が妊娠していたというケースもある。事実を知った母親は「娘は優等生。毎日勉強に忙しく、恋愛どころではなかったはず。無断外泊などもなかったのに」と愕然としていたという。

だが、現代はインターネット社会。子どもたちは親が思っている以上に性の知識が豊富だ。程さんは「中国の親も欧米のように家庭で正しい性教育を行った方がよい。あまりに若いうちからの性行為は子宮頸がんのリスクが高まる。複数の相手との性行為は性病にもなりやすい。避妊の重要性も教えるべき」と警鐘を鳴らす。

「手術はたった3分間。痛みは全くありません」「明日から旅行にも行けます」など、最近の中絶に関する広告はお手軽感が強調されている。だが、この「無痛手術」こそが少女たちを中絶のリピーターにさせている元凶。程さんは、「1年に3回や3カ月に2回も珍しくない。『痛くないから、次もまたお願いね』と言いながら帰っていく子もいる」と嘆いている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

「女子大生なら中絶費用は分割でOK」、前代未聞の宣伝ポスターに批判殺到―遼寧省瀋陽市

21日、遼寧省瀋陽市の病院が女子大生向けに始めた「中絶費用の分割払いサービス」をポスターにして宣伝し、ネットユーザーの反発を招いている。写真は江西省の大学。キャンパス内の電話ボックスには中絶の宣伝ポスター、男子学生にはコンドームが配られている。

Record China
2012年6月23日 21時27分
続きを読む

小学生の夏休み“海外遊学”の実態、無意味なカジノ体験やショッピングに奔走する教師―中国

19日、中国では長い夏休みシーズンを利用して子供を海外に遊学させ、見聞を広めてもらいたいと考える親が増えているという。中国が経済的に豊かになったことを如実に反映しているこの現象だが、“少々行きすぎ”のケースも散見される。写真はラスベガス。

Record China
2012年7月22日 5時42分
続きを読む

「夏休み特需」始まる、美容整形や旅行が好調―中国

9日、新年度が9月始まりの中国では今、年度末試験を終えた学生らが解放感に浸っている真っ最中。旅行、カラオケ、新しいパソコンに新しい携帯電話…。彼らにとって夏休みは「消費」を楽しむ季節でもある。写真は6月、河南省の高校の卒業式。

Record China
2012年7月11日 17時20分
続きを読む

ランキング