Record China

ヘッドライン:

在日中国人が大使館かたる詐欺電話受けるケースが激増!着信表示も中国大使館の番号―華字紙

配信日時:2018年8月31日(金) 7時10分
拡大
29日、華字紙・中文導報によると、日本で生活する中国人が中国大使館をかたる詐欺電話を受けるケースが激増している。写真は東京。

2018年8月29日、華字紙・中文導報によると、日本で生活する中国人が中国大使館をかたる詐欺電話を受けるケースが激増している。事態を重く見た中国大使館は、在日中国人に防犯意識を高めるよう注意喚起を行った。

大使館によると、携帯電話に大使館の電話番号を表示させる特殊な技術を使って在日中国人に連絡し、「重要な書類を預かっている。期日までに受け取らないと大変なことになる」「あなたの名義のキャッシュカードを上海で起きた事件の容疑者が利用していたので確認したい」などと嘘をついたり、美男や美女、金持ちを装ってチャットアプリ微信(WeChat)の友達に追加し、感情に訴えかけたりして金をだまし取る手口が増えているという。

大使館は、公民の代わりに個人資料を保管したり、電話で大使館まで呼び出したり、電話で銀行口座や個人情報を聞いたりすることはないとし、防犯意識を高め、「個人情報は漏らさない。金を振り込まない」をしっかりと覚えておいてほしいと呼び掛けている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本で出版の抗日ドラマガイドブックが中国で大人気!「村上春樹超え」も達成した著者に聞く

中国では「運命が未知であるからこそ、生命は精彩を放つ」との言葉を書籍やネットでよく目にする。「人生は何が起きるかわからないから面白い」ということを表現しており、この言葉は55歳の岩田宇伯氏にぴったりだ。写真は岩田氏。

Record China
2018年8月1日 14時20分
続きを読む

ランキング