マハティール首相が「親日反中」説に反論―中国紙

配信日時:2019年1月2日(水) 17時0分
マハティール首相が「親日反中」説に反論―中国紙
画像ID  1019909
2日、中国紙・環球時報(電子版)は、マレーシアのマハティール首相が「親日反中」説に反論したと報じた。
2019年1月2日、中国紙・環球時報(電子版)は、マレーシアのマハティール首相が「親日反中」説に反論したと報じた。

環球時報によると、シンガポール華字紙・聯合早報は1日付の記事で、「マレーシアの野党・希望連盟は政権奪取後、中国との大型計画の取り消しや見直しを行った。これによりマハティール首相は『親日反中』と指摘された。だが同首相はこのほど、こうした見解に反論し、自身を中国の良き友人だと主張した」と報じた。

聯合早報によると、マハティール首相はマレーシア華字紙・星洲日報とのインタビューで、「親日本」「反中国」との指摘があることについて、「私は日本でのフォーラムに出席した際を含めてこれまで何度も世界各国に向けて中国を擁護する発言を行ってきた」「彼らは中国についてどう思うかと私に尋ねてきた。私は彼らに、マレーシアは常に中国と連絡を取り合っており、貿易相手国であり、私たちは常に中国に友好的だと告げた」「貿易のために中国はマレーシアに何世紀も前に来たが、ポルトガル人とは異なり、マレーシアを植民地化することはなかった。恐れなければならない国はどこか。中国なのかヨーロッパなのか」「中国の人々は私を彼らの友人として知っている」などと述べたという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Tom***** | (2019/01/03 16:46)

    親日とされるマハティールだが、彼は中国の改革開放を大絶賛し、中国やミャンマーの民主化に反対し続けてきた。いい加減、反欧米・反ユダヤ的なアジア主義やアジア的価値観から脱却して、自由世界を守り、普遍的価値観に与する道を歩んでくれないだろうか。マレーシアなら台湾のように民主化できると思うのだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/02 17:12)

    >こうした見解に反論し、自身を中国の良き友人だと主張した マハティール首相は『中国は〈賄賂〉をいっぱいくれるから大切な友人だ』と言ったそうだ。きっと次の選挙では落選して〈国外逃亡〉を図るだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事