Record China

ヘッドライン:

中国女子棒高跳びの金メダリスト、審判にキャンディー配る―中国メディア

配信日時:2018年8月29日(水) 14時40分
拡大
28日、騰訊体育は、アジア大会陸上女子棒高跳びで優勝した中国選手が、全試技終了後に審判団にねぎらいのキャンディーを配布したと報じた。写真は李。

2018年8月28日、騰訊体育は、アジア大会女子棒高跳びで優勝した中国選手が、全試技終了後に審判団にねぎらいのキャンディーを配布したと報じた。

28日に行われた同種目では、中国の李玲(リー・リン)が終始他の選手をリードし続けて優勝した。優勝決定後も大会記録となる4メートル60を3回目でクリアすると、さらに4メートル70にチャレンジ。残念ながら成功しなかったが、試技終了後に審判団に対してミルクキャンディーを配布するパフォーマンスを見せた。

記事は、キャンディーを配布した背景について「自身が最後の試技を行う選手になると考え、試合前から自分の好きなミルクキャンディーをたくさん用意し、試合終了後に感謝とねぎらいの意味を込めて配ろうと考えた」と説明している。

29歳の李は故障により昨年は思わしい成績が出ず、今年は復活を期して臨んでいる。復調には手ごたえを感じているようで、5メートルへのチャレンジにも期待がかかっているが「一歩ずつ。4メートル60や70がだいぶ安定してきたので、次は80を安定して成功できるようやっていきたい」と語った。

また、2年後の東京五輪に向けては「まずは、けがをしないこと。そして技術的な改良をして、安定した成績を出せるようにしたい」とした。さらに、4年後に地元の浙江省杭州市で開かれるアジア大会にも意欲を示している。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング