韓国が新たなエネルギー貯蔵素材を開発、たった数十秒で携帯の充電が完了!?

配信日時:2018年8月29日(水) 8時20分
韓国が新たなエネルギー貯蔵素材を開発、数十秒で携帯の充電が完了?
画像ID  1019704
26日、東亜サイエンスは、携帯電話やEV車の急速充電を可能にするハイブリッドエネルギー貯蔵素子を韓国の研究チームが開発したと報じた。資料写真。
従来のリチウムイオン電池に比べ100倍以上速く充電でき、3万回繰り返し充電しても性能が劣化しないエネルギー貯蔵素材を、韓国の研究チームが開発した。携帯電話を数十秒間で急速充電できるほか、現在は30分以上かかる電気自動車(EV)の充電時間も短縮できるものと期待されている。

26日、韓国・東亜サイエンスが報じたところによると、韓国科学技術院(KAIST)新素材工学科のカン・ジョング教授チームが同日、江原大学のチョン・ヒョンモ教授チームと合同で、多孔質金属酸化物ナノ粒子とグラフェンを用いて「高性能ハイブリッドエネルギー貯蔵素子」を開発したと明らかにした。

リチウムイオン電池の場合、電解質が有機溶媒のため可燃性があり火災のリスクがある。電気化学反応の速度も遅いため充電時間がかかり、寿命も短い。また、水溶液基盤のエネルギー貯蔵素子は安全だが電圧範囲に制限があり、容量が少ない。エネルギーの密度が低いため、やはり充電に時間がかかる。

こうした問題を解決するため、研究チームは大きさが2~3ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)の多孔質金属酸化物ナノ粒子からなるナノクラスターと、電気的特性に優れたグラフェン複合体を利用。鉄とマンガン、2種類の多孔質金属酸化物をプラス極とマイナス極に適用することで、2ボルトという広い電圧範囲で作動する素子を実現できたという。

この研究結果は、国際学術誌「Advanced Functional Materials」(電子版)に掲載された。

この記事に、韓国のネットユーザーは「韓国の技術力は素晴らしい。早期に実用化されますように!」「これはノーベル賞ものでは?」「未来がぐっと近付いた。韓国がリードすることを期待している。ファイト」など称賛の声を上げている。一方で、「こんな記事を数年前から見ている気がする(笑)」「『研究費をくれ』って話でしょ」「韓国の科学関連ニュースで、実用化されたものはほとんどない(笑)」など、冷めた意見も寄せられている。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事