Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>上陸事件と中国国民の声=中国政府を批判する書き込み多数―米メディア

配信日時:2012年8月18日(土) 14時1分
拡大
17日、米ラジオ局は記事「憤怒と陰謀」を掲載した。尖閣上陸事件を受け、マイクロブログに多くのメッセージが書き込まれているが、研究者にとっては絶好の機会となった。写真は17日、香港空港に到着した活動家ら。
(1/8枚)

2012年8月17日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版は記事「憤怒と陰謀」を掲載した。

その他の写真

15日、香港の活動家が尖閣諸島に上陸した。中国のマイクロブログには1時間あたり数十万件という膨大な量のメッセージが書き込まれている。17日夜時点でその総数は1100万件に達した。言論規制が厳しい中国において、ある時事問題にこれほど多くのメッセージが集まるのはまれ。研究者にとっては絶好の機会となった。

メッセージを分析すると日本に対して怒りをぶつけているもの以外に中国政府を批判している内容も多い。「釣魚島は中国の領土だと政府は言うけれども、それならばなぜ上陸した中国人が逮捕されるの?日本がこれほど長期にわたり占領しているのになぜ政府は何もしないの?」といった具合だ。尖閣問題を含め、中国政府は愛国心が政府批判に転嫁しないよう、神経をとがらせている。

また尖閣問題にかこつけて中国当局を批判するものもある。「尖閣に上陸したあと、『ここなら税金を払う必要はない』と横断幕を掲げてみよう。2日もたたないうちに工商局、税務署、都市管理局、警察が殺到してくるに違いないから、それで主権を取り戻せるぞ」という書き込みが典型だ。中国当局の過酷な税徴収をやゆした内容だ。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<尖閣問題>ネット上で「日本領」発言の李登輝元総統らを「売国奴」―中国メディア

16日、香港の活動家が尖閣諸島(中国名・釣魚島)の魚釣島に上陸したことを受け、中国のネット上ではナショナリズムが沸騰、台湾の李登輝元総統らに「売国奴」と罵声を浴びせている。写真は「釣魚島(尖閣諸島)は我が国のもの」と書かれた看板を掲げる南京の飲食店。

Record China
2012年8月17日 19時13分
続きを読む

<反日デモ>横断幕に政府への不満、「不動産が高すぎる」「多党制にせよ」―陝西省宝鶏市

24日、中国で相次ぐ反日デモは経済発展が遅れている西部の陝西省宝鶏市にも飛び火した。同市で掲げられた横断幕には「不動産が高すぎる」や「多党制を導入せよ」など政府に対する不満を訴えるものもみられた。写真は16日、四川省成都市で行われた反日デモ。

Record China
2010年10月25日 17時43分
続きを読む

ランキング