Record China

ヘッドライン:

日本をストレートで破り金メダル獲得も、中国監督「実力は日本が上」―中国メディア

配信日時:2018年8月28日(火) 10時50分
拡大
27日、新浪体育によると、ジャカルタ・アジア大会のバドミントン女子ダブルスで中国ペアが優勝したことについて、中国のダブルス監督が「それでも実力は日本のほうが上」と語った。写真は中国女子ダブルス。

2018年8月27日、新浪体育によると、ジャカルタ・アジア大会のバドミントン女子ダブルスで中国ペアが優勝したことについて、中国のダブルス監督が「それでも実力は日本のほうが上」と語った。

27日に行われたバドミントン女子ダブルス決勝とミックスダブルス決勝で、いずれも中国のペアが勝利して金メダルを獲得した。これにより、今大会のバドミントン競技で中国は金メダル3個、銀メダル1個、銅メダル2個を獲得した。

中国バドミントン代表の張軍(ジャン・ジュン)ダブルス監督は試合後、「今回の試合を見て、われわれの女子ダブルスは確かに日本よりも劣っている。今回は優勝したが、女子団体のダブルスでは日本に負けている。日本は全体の実力が整っているが、この点でわれわれは劣っている。どのペアについても言えることだが、日本は長いラリーに強い。このあたりの強化が必要だ」とコメントしている。

また、男子ダブルスについては「世界ランキングトップ4のペアを2組持っているが、現在は世界トップ10に差がない状況で、誰が勝ってもおかしくない。勝つには最後の1ポイントを奪い取る精神状態が必要だが、中国ペアにはこの点が欠けていると感じた」と語った。

そして、「今回の中国代表の成績は日本を上回ったが、東京五輪で日本と対戦する際の自信につながるか」という記者の質問に対して、「つながるだろう。今、日本全体の実力が高まっているが、われわれは細かい部分をもっとしっかりやれば、シングルスにしろダブルスにしろ戦える力は十分に持っていると思う。今がちょうど苦しい時期にあるというだけで、どのように問題を認識し、解決していくかが大きな鍵になる」と述べている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

アジア大会で韓国めぐるトラブル相次ぐ、国旗逆さまに掲揚、設備故障し金メダル候補敗退、敗戦で握手拒み批判

インドネシアで開催中のアジア大会で、韓国をめぐるトラブルが相次いでいる。水泳の表彰式で国旗が逆さまに掲げられ、金メダルの有力候補は設備故障で敗退。サッカーでは試合後の握手を拒否した選手が批判を浴びている。写真はジャカルタ。

Record China
2018年8月25日 13時50分
続きを読む

ランキング