Record China

ヘッドライン:

陸上男子100mで優勝の蘇炳添、日本のネットユーザーも称賛―中国メディア

配信日時:2018年8月27日(月) 13時50分
拡大
26日、新浪体育は、ジャカルタ・アジア大会の陸上男子100メートルで優勝した中国の蘇炳添に日本のネットユーザーから称賛の声が寄せられたと報じた。写真は蘇炳添。

2018年8月26日、新浪体育は、ジャカルタ・アジア大会の陸上男子100メートルで優勝した中国の蘇炳添(スー・ビンティエン)に日本のネットユーザーから称賛の声が寄せられたと報じた。

蘇はこの日の決勝で9秒92をたたき出し、金メダルを獲得。2位になったT.オグノデ(カタール)の兄が前大会で出した大会新記録9秒93を上回る快挙となった。

記事は日本のエース、山県亮太(10秒00、3位)に9秒台が出ず、優勝とはならなかったことに日本メディアから残念がる声が上がったと報じるとともに、日本のネットユーザーが次々と蘇を称賛したことを紹介。「中国選手は強すぎる。日本人は超えられない」「蘇はあまりにも速い!。別格だ」「日本が中国を超えるのは100年後か」「蘇はこの先、ボルトの域に達するだろう」「見たところ、サッカーは例外として中国はどの種目も強い」「男子100メートルで日中が対抗する時代は終わった。中国の独壇場だ」などの声が上がったという。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

アジア大会で韓国めぐるトラブル相次ぐ、国旗逆さまに掲揚、設備故障し金メダル候補敗退、敗戦で握手拒み批判

インドネシアで開催中のアジア大会で、韓国をめぐるトラブルが相次いでいる。水泳の表彰式で国旗が逆さまに掲げられ、金メダルの有力候補は設備故障で敗退。サッカーでは試合後の握手を拒否した選手が批判を浴びている。写真はジャカルタ。

Record China
2018年8月25日 13時50分
続きを読む

ランキング