俳優ワン・チュアンイーが石垣島の観光大使、日本デビュー映画も公開―台湾

Record China    2012年8月16日(木) 11時59分

拡大

15日、台湾の俳優ワン・チュアンイーが、沖縄県石垣島の「国際観光大使」に任命された。写真はワン・チュアンイー。

(1 / 8 枚)

2012年8月15日、台湾の俳優ワン・チュアンイー(王傳一)が、沖縄県石垣島の「国際観光大使」に任命された。聯合報が伝えた。

その他の写真

来年3月、新石垣空港の開港を控えた石垣市では、最も近い外国である台湾からの観光客招致に期待している。これまで、人気歌手の夏川りみやBEGIN、元プロボクサーの具志堅要高と、地元出身者ばかりが起用されてきた観光大使だが、新たに「国際観光大使」として、華流ファンには数々のドラマでおなじみの俳優ワン・チュアンイーが選ばれた。

今回の大抜擢について、「本当にうれしくて、光栄に思う。ロケで石垣島に行った時、地元の方に親切にされたことが忘れられない」と語る。新空港の開港後は、台北の松山空港から1時間あまりで到着できるため、今後はこれを観光大使の任務としてしっかりPRしたい、と話している。また、大好物の石垣牛を、台湾の人にぜひ味わってもらいたいという。

チュアンイーは、10月公開の「ペンギン夫婦の作りかた」で日本映画に初出演。石垣島を舞台にした物語で、女優の小池栄子と夫婦役を演じている。10月13日に石垣市でプレミア上映が行われ、同20日に全国でロードショー予定。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携