【募集中】韓国語社内スタッフ

高速鉄道の競争力に疑問符、香港から北京・上海への運賃は飛行機より4割高い―仏メディア

配信日時:2018年8月26日(日) 20時40分
高速鉄道の競争力に疑問符、香港から北京への運賃は飛行機より4割高
画像ID  1018957
25日、仏RFIの中国語版サイトは、9月23日に開通する中国本土と香港を結ぶ高速鉄道「広深港高速鉄道」について、「香港から北京や上海への運賃はバスや飛行機に比べて4割も高く、競争力に疑問符」と報じた。写真は深セン北駅。
2018年8月25日、仏RFIの中国語版サイトは、9月23日に開通する中国本土と香港を結ぶ高速鉄道「広深港高速鉄道」について、「香港から北京や上海への運賃はバスや飛行機に比べて4割も高く、競争力に疑問符」と報じた。

記事によると、香港政府は23日、中国本土と香港を結ぶ高速鉄道「広深港高速鉄道」が9月23日に開通すると発表した。

記事は「中国本土では理由の明かされない航空管制が敷かれることも少なくなく、ダイヤが乱れがちだ。高速鉄道こそ競争力が高いとの見方もある」とした一方で、「香港から北京への片道運賃は1239香港ドル(約1万7500円)、上海へは1159香港ドル(約1万6500円)だ。だが旅行予約サイトで同条件のバスや旅客機を調べると、どちらも安ければ2000香港ドル(約2万8000円)もせず往復できる。高速鉄道はバスや旅客機より4割近くも割高な上、移動時間は旅客機の倍かかることになる」とした。

記事によると、港粤直通巴士(バス)協会の関係者は「運行当初は新鮮に感じることから高速鉄道に一部の客が流れるだろう。だがすぐに取り戻せる。45分早起きするだけで、バスなら高速鉄道の半額に近い料金で移動できる」と話している。(翻訳・編集/岡田)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/08/27 07:17)

    中国本土は香港人のために、国民の税金を高速鉄道につぎ込むことはしないのだろう。他の地区を走る高速鉄道が赤字を出せば〈国のメンツ〉を守るため税金で補填しているはずだ。『ひとつの中国』と言っても、金銭が絡むと話は別である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/08/26 23:53)

    高速鉄道は価値がある。 バスは高速道路、飛行機は空港、高速鉄道は軌道という公共インフラを利用する。公共インフラや税制優遇や補助金などを考慮すると、実利用料金の差は広がるのか縮まるのかは知らない。 料金とは別に安全性の面では高速鉄道はもっとも有利。空中ではなく地上の軌道上を運行することは安全性でアドバンテージがある。高速バスや飛行機が全員死亡の事故を起こしているが、新幹線は死亡事故ゼロを続けている。中国高速鉄道がそのアドバンテージを生かしているかどうかは別問題だが高速鉄道自体は存在価値はある。 追記) リニアも高速鉄道の一種。日本も全国に新幹線網を伸ばし多くの利用者がいる。その存在そのものを否定する報道には賛成できません。競争力の有無はいろいろな条件によって違ってくる。新幹線が黒字化したのは軌道や線路を含めた資産を分離したから。土地代や建設費までJRが負担していた。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事