香港の抗議船が尖閣付近に到達、海上保安庁は放水砲の威嚇射撃―香港メディア

Record China    2012年8月15日(水) 17時20分

拡大

15日午後2時30分ごろ、香港の衛星局・フェニックステレビによると、尖閣諸島の領有権を主張する香港の抗議船・啓豊2号が、魚釣島の西20カイリ地点にまで到達した。

(1 / 2 枚)

2012年8月15日午後2時30分ごろ、香港の衛星局・フェニックステレビによると、尖閣諸島の領有権を主張する香港の抗議船・啓豊2号が、魚釣島の西20カイリ(37キロ)地点にまで到達した。

その他の写真

12日に出航した香港の民間団体「香港保釣(尖閣防衛)行動委員会」の抗議船は、単独で尖閣諸島を目指していた。すでに緊急体制を敷いていた海上保安庁の巡視船は、9隻でこれを包囲し、放水砲で威嚇射撃を行ったという。啓豊2号の乗組員の談話によると、船は激しく揺れているが4人の乗員は全員安全だという。

日本政府は同日午後、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設けた。(翻訳・編集/愛玉)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携