日本の医療レベルは、中国に比べてどれほど優れているのか―中国メディア

配信日時:2018年8月26日(日) 5時30分
日本の医療レベルは、中国に比べてどれほど優れているのか
画像ID  1018857
24日、鳳凰網は、日本の医療レベルが中国に比べてどれほど優れているかについて論じた文章を掲載した。
2018年8月24日、鳳凰網は、日本の医療レベルが中国に比べてどれほど優れているかについて論じた文章を掲載した。

文章は、日本の医療が優れている大きな要因として4つ挙げて説明している。1つ目は、整った医療体制だ。「いわば欧米折衷の体制であり、公共医療を実施すると同時に、パーソナライズされた医療も提供している。その支えになっているのは、医療サービスを民間が提供し、医療費を行政が担保するというしくみだ。日本の医療機関は国立、公立、私立に分かれ、国公立を含む大きな病院が専門医療を提供する一方、風邪などの小さな病気の診察はコミュニティーにある個人開業のクリニックが担うという分業制が特徴だ」と紹介している。

2つ目は公平かつ合理的な医療費制度を挙げ、国による高齢者医療制度に加え、自治体ごとに児童の医療費減免制度も導入されていると説明。さらに、診療と薬の分離、薬価制度の厳格な実施により過剰な医療費を支払わずに済む制度が整っているとした。3つ目には、充実した国民皆保険制度を挙げている。

そして最後の4つ目は、良質で親切な医療サービスとした。なかでも「素晴らしい制度」として、医師が手術後も積極的に患者の病状を追跡し、定期的な検査や観察を実施する追跡制度の存在について言及している。

記事は「これらの点から、日本の医療レベルが長期にわたって世界一を保っている理由は、充実した医療制度、医療スタッフの人道主義に基づく配慮、職人と同じようにより良いものを追求する精神にある。それ故、大病を患った時に隣国である日本の病院で治療を受けるということが、中国人の選択肢の1つになりうるのだ」と総括した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2018/08/27 13:04)

    「大病を患った時に隣国である日本の病院で治療を受けるということが、中国人の選択肢の1つになりうる」というのは間違いないと思います。しかし,日本には「公平かつ合理的な医療費制度」があり,「国による高齢者医療制度に加え、自治体ごとに児童の医療費減免制度も導入されている」「診療と薬の分離、薬価制度の厳格な実施により過剰な医療費を支払わずに済む制度が整っている」「充実した国民皆保険制度」があるなどという知識があるのであれば,その制度に「ただ乗り」しようとすることは,不道徳以外の何物でもありません。日本側としては,実費を払うことを前提に受け入れるべきではないでしょうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • S.R***** | (2018/08/26 13:45)

    中国はパクることは国家レベルで優れている。しかし日本人はパクっても自分たちの使い易いように、改善してより良い物にしていく。 さらに違うのは中国は独占欲が余りにも強すぎるために、肝心な所が抜けている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ハムス***** | (2018/08/26 11:09)

    中国経済が日本を越えて久しいのに、なぜ日本の医療制度にたかるような真似をするんだ? 大国でも先進国でも良いが、そう自称するならそれらしい態度をとれ!!
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事