2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「中国選手に腹を2回蹴られた」韓国選手が当時の状況と心境語る=「スポーツ道徳に背く選手は罰するしかない」―中国メディア

配信日時:2018年8月24日(金) 22時50分
中国選手から暴行受けた韓国選手「スポーツ道徳に背く選手には罰を」
画像ID  1018761
24日、騰訊体育によると、競泳女子の中国選手が韓国選手に暴行を加えたとされる問題で、韓国選手がメディアのインタビューに当時の状況や思いを語った。
2018年8月24日、騰訊体育によると、競泳女子の中国選手が韓国選手に暴行を加えたとされる問題で、韓国選手がメディアのインタビューに当時の状況や思いを語った。

23日午前中、平泳ぎの練習をしていた韓国のキム・へジンの足が同じレーンを泳いでいた中国の沈鐸(シェン・ドウ)に当たった。キムはすぐに謝ったというが、相手は思わぬ反応を示したといい、当時の状況について次のように説明した。

「中国選手は私のキャップを見て英語で『韓国チームか』と聞いてきた。私はどういう意味かよく分からなかったが、『そうだ』と答えた。それからゴールまで泳ぎ切った時、左足をつかまれる感覚があった。爪を立てるような感覚だった。足にはまだ爪痕がある。驚いて振り返ると、さっきの中国選手だった。彼女が何を言っているか分からなかったが、彼女は私のお腹を2回蹴った」

「わけが分からず暴力を振るわれ、怒りを覚えた。やり返そうと思ったが我慢した。アジア大会に来る前、大韓体育協会から選手に会場で暴力を振るってはいけないと指導があった。当時の状況を思い返すと泣きたくなるけど、我慢した。やり返したら相手と同じになってしまうでしょう?」

「中国選手は台湾や香港の選手と何か話していた。聞き取れなかったけど、自分は悪くないと言っているようだった。現場を見て、韓国水泳連盟の副会長が飛んできて、中国側に強く抗議してくれた。その後、相手選手と中国のチームスタッフが謝罪に来た。でも私はひと言謝っただけでうやむやにすることは絶対にできない」

「中国選手のこのような行為はスポーツ道徳に反する。このことを、私の成績が振るわなかった言い訳にはしたくない。でも、影響は確かにあった。同様の事件の発生を防ぐには、スポーツ道徳に背く選手を処罰するしかないと考えている」

韓国・聯合ニュースによると、韓国チームはすでにアジアオリンピック評議会に対し、沈に相応の処罰を下すよう申し立てを行ったという。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事