Record China

ヘッドライン:

中国のリゾート地で「ぼったくり」は当たり前、レストラン経営者が手口を暴露―中国紙

配信日時:2012年8月16日(木) 6時33分
拡大
13日、中国紙・人民日報は、有名なリゾート地、海南省三亜市で日常的に行われている観光客に対する「ぼったくり」の内情を紹介した。写真は三亜市内のレストラン。
(1/8枚)

2012年8月13日、中国紙・人民日報は、有名なリゾート地、海南省三亜市で日常的に行われている観光客に対する「ぼったくり」の内情を紹介した。シンガポール華字紙・聯合早報が伝えた。

その他の写真

実際に使っている手口を暴露したのは6年前に同市でレストランを開業した盛(ション)さん。最初は真面目に営業していたのだが、赤字が続いたため、ベテラン従業員から伝授された様々な「秘策」を採用。すると、店はあっという間に大儲けとなった。

多くの観光客は、漁を終えたばかりの漁船から捕れたての魚を買い、それをレストランで調理してもらえば、安く済むと思っている。ところが、レストラン側が預かった魚の半分ほどしか調理せず、1匹分を請求するなんてことは当たり前。客側は自分が持ち込んだ魚がどれくらいの重さで、実際に食べられる分量がどれくらいなのかなど、全く分からない。かすめ取った分は別の客に出せば、儲けは2倍になるという仕組みだ。

客が持ち込んだ活きのよい魚を、冷蔵庫から出した魚とすり替えるというのもよくあること。生きた魚と死んだ魚では値段が倍近くも違うからだ。客が見ていない隙にすり替えて、生きている方は店の水槽にこっそり入れる。「時価」で高額をふっかけるのも常とう手段。客のほとんどは「時価」を確認せず注文するため、会計の時に大慌てになるというパターンが多いという。

盛さんは「ぼったくり」をする側として、「魚を持ち込んだら調理前に数や重さ、値段をよく確認して。1番よいのはそのままの形で蒸してもらうこと。他の食材と炒めたり、切り身にしたりすると本当の分量が分からなくなってしまう」と注意を呼び掛けている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

尖閣諸島のリゾート開発権、反日愛国主義の第一人者が当局に申請―中国

16日、尖閣諸島の領有権を主張する中国の反日団体「中国民間保釣連合会」の童増会長が、尖閣諸島のリゾート開発権を当局に申請していたことが分かった。写真は江蘇省南京市内の焼餅(シャオピン)店。尖閣諸島の領有権を主張する看板を掲げている。

Record China
2012年7月19日 16時50分
続きを読む

人が住めない危険住宅、実は立ち退き料たかり目的で建てられていた―海南省三亜市

2日、中国・海南省三亜市海棠湾には建築基準法を満たさない住宅数百棟がひしめき合っている。海南省は同地区の開発を重要プロジェクトと定めており、それを逆手にとった地元住民たちが、政府から立ち退き料を得る目的で違法住宅を建てるケースが相次いでいる。

Record China
2012年7月5日 5時5分
続きを読む

ランキング