なぜ米国はF-35を世界中に輸出するのにF-22は輸出しないのか―中国メディア

配信日時:2019年6月11日(火) 14時20分
なぜ米国はF-35を輸出し、F-22は輸出しないのか―中国メディア
画像ID  1018499
10日、軍事頭条は、米国がF-22を輸出しない理由について分析する記事を掲載した。写真はF-22。
2019年6月6日、軍事頭条は、米国がF-22を輸出しない理由について分析する記事を掲載した。

記事はまず、「現在、世界にある第5世代戦闘機は、中国のJ-20、ロシアのSu-57、米国のF-22とF-35の4種類だ」と紹介。第5世代戦闘機は技術面での機密性が高いため、通常は輸出せず、米国のF-22は法律で輸出が禁じられているほどだが、一方でF-35は世界中に輸出されているとした。

では、なぜF-35は輸出するのにF-22は輸出しないのか。記事は三つの理由があると分析した。

その一つが、「F-22はF-35よりも進んでいる」こと。「アクティブ式フェーズドアレイレーダーや、AIM-9Xサイドワインダーミサイルなどを搭載。最高飛行速度はマッハ2.25に達し、航続距離は2960キロメートルで、しかも極めて高いステルス性を備えている」と紹介した。一方のF-35については、「F-22の性能と比べると見劣りするもので、最大速度はマッハ1.6、機体も小さく航続距離は2200キロメートルで、ステルス性も及ばない」と指摘。「F-22は米国にとって戦略性を備えた戦闘機であるため、輸出はしないのだ」と論じた。

二つ目の理由は、「F-35は研究開発過程で多くの国が関係している」こと。記事は「英国やカナダ、トルコなどはF-35の研究開発に多額の資金や技術を提供しているため、輸出は避けられない」とした。さらに、「F-35は研究開発に400億ドル(約4兆3600億円)かかっているため、輸出しないと米国にとっては大きな経済的負担になる」と指摘している。

三つ目の理由は、「F-22の生産ラインはすでに閉鎖されている」こと。「再び生産するには多額の費用がかかるため、現実的ではない」とし、「2億9000万ドル(約316億円)という単価を支払える国は多くなく、むしろF-35を売り込んだ方が良いのだ」と論じた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/06/13 00:03)

    まあ、ステルス性能無かったら、ただの凡庸なマルチロール機だしな。 ステルス機である以上は兵装を機体内部に格納しなきゃいけないし、小型の機体はどうしたって装備制限が出る。 話は変わるが、自衛隊機の墜落事故もなんだか胡散臭いっていうかキナ臭いっていうかね。 当初は機体の回収もできていないうちから「日本側の組み立て工場のミスだ」みたいな事を言っといて、先日パイロットの遺体の一部が見つかったという報の後は、一転して「パイロットの操縦ミス」という方向に変わった。 で、機体の残骸が全部見つかったという報道もないから、下手をすると何も証拠が無い状況でそう「言い張ってる」恐れすらある。 日米政府は何を隠そうとしてんのかね?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事