2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国政府は楽観的過ぎる?ほとんどの景気指標が下落も「景気は回復」=韓国ネットが批判

配信日時:2018年10月5日(金) 6時0分
韓国政府は楽観的過ぎる?ほとんどの景気指標が下落も「景気は回復」
画像ID  1018334
3日、韓国・中央日報によると、韓国の景気の現状と先行きを示す指標がともに1年以上にわたり下落しているにもかかわらず、韓国政府は依然「景気は回復傾向を維持している」との立場を示している。写真は韓国大統領府。
2018年10月3日、韓国・中央日報によると、韓国の景気の現状と先行きを示す指標がともに1年以上にわたり下落しているにもかかわらず、韓国政府は依然「景気は回復傾向を維持している」との立場を示している。

韓国の統計庁が3日に発表した8月の産業活動動向によると、景気の現状を示す一致指数の循環変動値は、昨年5月(100.7)をピークに下落に転じ、今年8月は98.9だった。世界的に金融危機の影響が大きかった2009年8月(98.8)に次ぐ低さだった。

一致指数の循環変動値は、鉱工業生産指数、輸入額、設備投資など7つの指標を総合して算出した一致指数から、推定変動分を除いたもの。基準は100で、下回れば現在の景気は良くないと判断される。昨年12月(99.8)から9カ月連続で100を下回っていると、記事は伝えている。

景気の先行きを示す先行指数の循環変動値も、昨年7月(101.2)をピークに下落に転じて下がり続け、今年8月には99.4となった。前月比0.4ポイントの下落で、2016年2月(0.4ポイント)以来の大きい下げ幅だった。

先行指数の循環変動値は、機械受注、建設受注、消費者期待指数など8つの指標を反映した先行総合指数から、推定変動分を除いたもの。近い未来の景気状況を予測する。記事は「輸出を除くと、ほぼ全ての景気指標が芳しくない状況で、未来成長の足掛かりとなる投資も減っており、今後の景気見通しは暗いといえる」と分析。その上で「こうした状況にもかかわらず、政府は楽観的な見通しを堅持している」と指摘している。

統計庁の産業動向課長は「一致指数が5カ月続けて下落しているのは確かに良くないこと」だとしながらも、「景気の局面を判断するには、国内総生産(GDP)など他の指標も見る必要がある」と話している。政府の経済動向報告書(グリーンブック)でも、昨年12月から今年9月まで10カ月連続で「回復の流れ」「回復の傾向」という表現が用いられているという。

しかし、専門家の判断は政府とは異なっており、延世(ヨンセ)大学経済学部のソン・テユン教授は、「景気状況は下降を続けていると見るべき」「半導体を除く主力産業が振るわない中、特に自動車産業の低迷が続いており、今後、景気回復は難しい状況だ」との見方を示した。ソウル大学経済学部のピョ・ハクキル名誉教務も「指標と相反する楽観的な見通しを捨て、経済政策の軌道を変更すべきだ」と指摘しているという。

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「景気回復なんて、聞いたこともない」「いい暮らしをしているやつらは『景気はいい』と言うが、自分のような庶民は食うだけで精いっぱいだ。誰を信じて生きればいいのやら」「現政権は国民の苦しみを理解していない。経済失敗、雇用創出失敗、人事失敗の駄目政府だ」「政府が間違ったニュースを広めてるんだから、厳重に処罰すべきでは?」「国民を欺く政府。事実をありのままに発表せよ」などと、厳しい声が寄せられている。(翻訳・編集/麻江)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/10/05 17:53)

    安倍政権がやってるみたいに、株や為替操作に国家予算ぶっこみゃいいんだよ。 そうすりゃ「数字の上」では景気回復「してるように見える」から。 実際は企業の地力が上がってる訳でもなく、正常に金が世の中を還流してる訳でもないから、税収は上がらないし国債発行して辛うじて回してるだけの自転車操業でしかないけどな。しかも国債発行額は増える一方で減らす目処は立ってないっていう、実にお先真っ暗な「まやかし」経済だけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事