Record China

ヘッドライン:

南北共同連絡事務所の開設、懸念示す米国に韓国が反論「米国の許可は必要ない」=韓国ネットからは賛否両論

配信日時:2018年8月24日(金) 17時50分
拡大
開城に開設予定の南北共同連絡事務所に米国からは懸念の声が挙がっているが、韓国大統領府は「主権国家としての問題であり、米国の許可は必要ない」との考えを固めたことが分かった。写真は大統領府。

北朝鮮の開城工業団地に南北共同連絡事務所が開設されることに対し、米国からは憂慮する声が挙がっているがことについて、韓国大統領府が「共同連絡事務所の開設は主権国家としての問題で、米国の了解を得る事案ではない」との考えを固めたことが分かった。23日、韓国・SBSが伝えた。

開城の南北共同連絡事務所開設は、4月の板門店宣言の合意事項の1つであり、韓国政府はこれを、平壌とソウルへの相互代表部設置に発展させていく考えだという。

米国の懸念に対し韓国大統領府高官は「連絡事務所開設は主権国家の問題であり、米国の了解を得る事案ではない」と述べ、南北共同連絡事務所の開設をそのまま進める意向を示した。同高官は「連絡事務所が制裁違反なら、北朝鮮にある外国大使館も制裁違反なのか」と反論したという。

米国の懸念は、北朝鮮への制裁違反が生じたり、米朝交渉の進み具合に比して南北関係の改善が早まり過ぎることと見られているが、同高官は「韓国政府は、南北関係の発展が米朝の関係はもちろん、非核化にも役立つものと確信している」と述べた。

韓国大統領府は米国と引き続き協議する意向も示しているが、SBSは「来月の平壌(南北)首脳会談でも米朝間の非核化の進展が芳しくない場合は、(関係改善の)速度をめぐる米韓間の葛藤が大きくなるだろう」と予想している。

韓国ネットでは、「文在寅(ムン・ジェイン)政権を支持します!ファイト!」「主権国家としての姿勢を支持します」「主権国家として当然だ。よくやった!」「非核化という大きな枠組みの中では米国と協調するべきだが、このような小さな案件では主権国家として堂々と考えを主張するべきだ」と、大統領府の対応を評価する声が比較的多く見受けられた。

その一方で反対意見には、「対北制裁は米国と徹底的に協調するべき」「平壌首脳会談の日程もまだ決められてないのに、米国の言うことを無視してどうする」などがある。

中には、「米国でも北朝鮮に連絡事務所を開設すべきとの主張が出ているらしいが、それではダブルスタンダードじゃないか?」と、米国の言動に疑問を投げかけるコメントもあった。(翻訳・編集/右田)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「低レベル」に終わった南北会談、北朝鮮は怒りを露わに=韓国ネット「なぜ韓国が解決を?」「民族統一のために頑張れ」

韓国と北朝鮮は13日、第4回南北高位級会談を板門店で行った。会談で双方は、9月に南北首脳会談を平壌で行うことで合意したが、韓国・国民日報は、「具体的な日程を決めない『低レベル』の合意にとどまった」と評価している。写真は南北境界の38度線付近。

Record China
2018年8月15日 6時20分
続きを読む

露骨にスルーされた韓国、“北朝鮮非核化”仲介外交が手詰まり=韓国ネット「プライドはないの?」「こんな外交は恥ずかしい」

8月6日、韓国・東亜日報によると、康京和韓国外相は、シンガポールで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)での李容浩北朝鮮外相との会談を強く希望していたが実現しなかった。写真はシンガポール。

Record China
2018年8月6日 20時50分
続きを読む

ランキング